« 冬が来る前のアンテナ調整 | Main | 全市全郡コンテスト・14MHzの罠 »

October 02, 2004

新市ぞくぞく誕生で…

 10月1日をもって全国で市町村合併により新たに23の市と町が誕生し11月にも12の市と町が誕生する予定になっており、2004年の後半になって一気に日本の地図が書き換えられようとしています。
 無線の世界では、JCCとJCGアワードという一種のお遊びがありまして、これは異なる100市、100郡と交信して交信証を集めて証明する書類を日本アマチュア無線連盟宛てに送って申請することによってアワードという表彰状みたいなものがもらえるというものです。まあ、これを集めたいが故に手段を選ばず平気で資格外違法高出力運用が当たり前のようになってしまった7MHz帯のような例もありますので、このアワード自体が本末転倒で違法運用を助長している事になってしまったところがありますが。
 従来このJCCとJCGアワードの上限はそれぞれ600市500郡のアワードが最高だったのですが、この平成の大合併によって新市が続々と誕生することによって、JCCのみ10月1日の申請分から新たにJCC700というのが加わったそうです。それに引き替え、この大合併によって郡の方は消滅する郡がどんどん膨らんで、現状ではもちろん500郡のアワードがあるにしても、今から交信証をせっせと集めても500郡を獲得することは出来なくなりました。
 JCC(JAPAN CENTURY CITY)とJCG(JAPAN CENTURY GUN)の上位アワードにWACA(WORKED ALL CITY AWARD)とWAGA(WORKED ALL GUN AWARD)というアワードがありまして、これは申請時点でのそれぞれ全市と全郡を交信して交信証を得なければ獲得できないという国内アワードとしてはハードルの高いアワードで、こちらのほうはWACAのほうは新市誕生で10月からあらたに誕生する市とすべて交信しなければいけなくなるために、駆け込みでWACAの申請が続出したとのこと。逆にWAGAのほうは消滅郡続きでハードルがどんどん低くなる傾向にあり、様子見している局が多そうです(笑)
 9月30日には合併により消滅する郡からの運用局がパイルを浴び、10月1日には同じ局が新市からの運用ということで、またまたパイルを浴びていましたが、フルサイズダイポールに100ワット真空管無線機というわが貧乏電波研究所の電波なぞ、4アマリニア局の高出力にはまったく太刀打ち出来ず、コールの一部さえ取ってもらえません。だから7MHz帯なんか嫌いなんだってば(^_^;)

| |

« 冬が来る前のアンテナ調整 | Main | 全市全郡コンテスト・14MHzの罠 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新市ぞくぞく誕生で…:

« 冬が来る前のアンテナ調整 | Main | 全市全郡コンテスト・14MHzの罠 »