« 「難しくなった2アマ試験」という噂 | Main | TSSの保証認定 »

December 19, 2004

ついに全都道府県との交信達成

 本日、今まで交信出来そうで出来なかった沖縄の局と21メガで交信し、交信を本格的に初めてから1年4ヶ月目で1都1道2府43県全部と交信する事ができました。日本の真ん中であれば、WAJAも割と短期間で取ることも可能だったのでしょうが、日本の一番北の隅に住んでいる限りは、季節季節によっての電波伝搬の違いを使い分けて交信する必要がありましたので、沖縄の局を最後に全都道府県との交信達成までこのように長い期間がかかってしまったようなものでした。確か42県目が秋田で、28メガで秋田の局を取ったのが今年6月。この時点で全都道府県リーチでしたので、リーチからロンまで半年かかったことになります。その間、50メガで沖縄と交信できるチャンスを狙うも、50メガで一番遠い所との交信は鹿児島県の徳之島でした。馴染みの九州の局を呼ぶ沖縄の局が一瞬聞こえたことがありましたが、その時はそれ以上開けませんでした。そして、以前1アマ試験終了までと思って(実際には1陸特、4海通試験終了後に交信解禁)HFのリグまで揃っていたのに運用を自粛している最中の冬場の午後、21メガでは沖縄の局が複数局ガンガン出ていたのにも係わらずワッチだけで交信自粛。昨シーズンは2月から3月に掛けて危険物取扱者、航空通、2級ボイラーの3つの試験を掛け持ちし、そのまったくジャンルの異なる試験勉強に追われていたために、沖縄との交信を逃してしまいました。そのツケが回って残すところ1県であるのにそれをクリアするのに半年かかってしまったわけです。その先の台湾、東の小笠原や南鳥島のカードはすでに取得済なんですけどねぇ(笑)
 ということで、色々な周波数ミックスで全都道府県との交信を達成しましたが、これからは個別の周波数での全都道府県をめざすことになります。一番ゴールに近いのは現在50メガです。普段はスキップし、近距離Eスポでしかつながらない近場の青森、秋田、山形、そして群馬、沖縄の5県を残すのみですが、どうも固定から電波出すだけでは偶然性を狙う以外に目標達成の日が来るのはいつになるかも見当がつきませんが(^_^;)
 さあ、来年はビームアンテナ自作して50メガの移動運用掛けようか。

| |

« 「難しくなった2アマ試験」という噂 | Main | TSSの保証認定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ついに全都道府県との交信達成:

« 「難しくなった2アマ試験」という噂 | Main | TSSの保証認定 »