« February 2005 | Main | April 2005 »

March 27, 2005

6m用HB9CVアンテナの製作

 来るべき6mEスポシーズンに準備するべくビームアンテナの自作の準備をしました。秋に製作した7メガインバーテッドV型ダイポールアンテナ同様に廃物が利用できる物はなるべく利用して、目標は同軸ケーブルを除いて材料費1,000円以内が目標です。ということで、昨年までトマトの支柱に使われていた園芸用のイボ竹をメインのエレメントにして、2本のエレメントに位相差給電を行う2エレのHB9CVアンテナを作ることを計画しました。
HB9CVアンテナは、基本的に2本のアンテナに逆位相で給電するアンテナですので、単純な2エレのアンテナに比べると給電部分とフェーズドラインの構造が複雑で、調整点が多いために共振点を見つけて任意の共振点に下げるのがかなり難しい作業になります。また、給電部分のマッチングを取る部分のガンママッチは耐圧の高いバリコンを使うと調整が非常に楽なんですが、当方アマチュア無線参入歴がまだまだ短いので、真空管ラジオからジャンクで集めたような、そんな部品の手持ちもなく、同軸ケーブルの静電容量を利用したコンデンサのカットアンドトライにて代用とすることに
します。
 また、2本のエレメントの支持は木材とホームセンタで購入した組立ハンガーなどの自作に使用するイレクターパイプとジョイントを使用しましたので、大風ですぐにバラバラになってしまう心配はないと思います。ただ、このイレクターパイプは塩ビの水道管などに比べて重量が重くなるため、取り付けるポールに負担を掛けて大風でポールごとお辞儀してしまう可能性が無いとは言えませんが、その時はその時でしょう。制作費1,000円なら壊れてもまた新しいのを作れば良いのですから。
 今回購入した部品はイレクターパイプ90センチ、ジョイント2コ、塩ビ板1枚、松の角材90センチ、小瓶の水性アクリルペイント、フックボルト1袋くらいで、エレメントのイボ竹は家にあったもの、フェーズドラインを構成する電線はダイポールアンテナ製作で余った1.6φの裸銅針金、同軸も家にあった5D2Vを使用しましたので、部品代はこれらを購入したとしても1,500円以内に収まっているはずです。
 とりあえず2晩で組み上げて、さあ2階の軒先に吊して調整に入ろうとした土曜日。調整のエレメントを一番短くした状態では53.00メガ付近に共振しているみたいです。アンテナアナライザもディップメータも無いので、単純にリグとSWR計をつないで、SWRが一番落ちるポイントを捜しているだけですが、一番エレメントを延ばした状態で、更にショートバーを調整して5.020あたりでSWRが2.0くらいに落ちるんですが、その範囲が非常にクリチカルでマッチングが合っていないと判断し、ガンママッチのコンデンサ容量の調整で1センチ同軸の先端を切ったところで、何と天候急変して4月も近いというのに雪が降り始めました。そんで、屋根から撤収して調整一時中断です。どうも軒先に吊した状態では屋根の影響を受けているみたいなので、来週は2階屋根のアンテナポールに取り付けた状態で調整するしかありませんね。そうするといちいち2階の屋根とシャックを行き来するのは面倒くさいので、2階の屋根にリグもSWR計も持って上がって屋根上ですべて作業が出来るようにしなければいけません。貧乏電波研究所の存在主旨に合いませんけど、アンテナアナライザくらい欲しい。

hb6cv
これが今回のアンテナの給電部の構造です。このイボ竹の両側に調整可能な延長エレメントを装着します。

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2005

H4Eブルーハロゲンバルブを製作

アマチュア無線と関係ない工作ネタを一つ。とは言っても真空管と同じバルブつながりということで(笑)
 今はどうかわかりませんが、昔の欧州車は国産車とことごとく部品の規格が異なって、ヒューズも違えばシガーライターのソケットも異なり、第一に一番困るのがヘッドライトのバルブの座金が異なる通称「H4E」というバルブを使用していて、町の部品屋では「電球の球一個すら買えない」のが困りものでした。これは欧州車のオーナーにとっては共通の悩みらしく、唯一オートバックス系の店でH4Eのイエローバルブを扱っていたことがありましたが、たかが自動車電球一個にしてはとてつもなく高価なものだったようです。また、昨今流行のHIDのバーナーは無理にしても白い光を放つハロゲンランプに交換したくとも、H4やH4U等の3本爪のある座金の国産ハロゲンランプは溢れかえっているのに、H4Eはハロゲンランプのチョイスさえ、ままならない状態です。
 944の純正バルブは何とタングステンバルブの40/45Wのものでした。このバルブの暗さには我慢できなく、いつぞやの車検の時に別なバルブに交換を頼んだら、会社関係の車の整備一式頼んでいた京王自動車が、オスラムのH4Eハロゲンバルブで60/55Wのものを探し出してくれて、それから10年経ちますが未だにそのバルブのままになっています(外してみたら、いつのまにか片方だけボッシュに変わってました)。しかし、さすがに最近は少々暗くなったことを実感し、交換バルブを捜しましたが近所では入手できません。いつぞやどこかのオーナーズクラブあたりが、国内メーカーに「いくつ発注をまとめたらH4Eの高性能バルブを特注で作ってくれるか」と問い合わせたら、全く相手にもしてもらえなかったとのこと。国内ではそもそもH4Eの丸い座金のプレス型さえ所有しているところがないのかもしれません。もしかしてプレスの型を起こして、座金さえ供給すれば、ある程度の発注に応じてくれるメーカーあるかな?
 そんなような現状で、国内ではH4Eの高性能バルブさえ手に入らない状態ですが、いつぞや「H4Eの座金からバルブを外して、その座金を利用してH4が収まるアダプタを作る」というHPを発見し、これを実行するべく、3個で1,100円くらいだった格安の(失敗しても惜しくない)ブルーバルブのハロゲンH4バルブをホームセンターで購入しました。H4Eの座金の入手がそもそも一番の問題ですが、切れたときのために、オリジナルのタングステン球がそのまま10年あまりも車に積みっぱなしでしたので、最悪失敗してしまったとしても今、車に付いているバルブは手つかずなので安心して作業に入れます。まずはオリジナルのH4E球から座金を外さなければなりません。純正のTRIFAと刻印が入ったH4Eタングステン球は、座金と電球基部がかしめられているわけではなくて半田付けで固定してるようでした。そのためにガストーチで炙ってやれば座金と電球が分離出来そうな感じです。そんなわけで昨年ロウ付けを1回行うだけで放り出してあったガストーチの出番が再びやってきました。ガストーチを点火し、座金の部分をペンチではさんで慎重に加熱してゆきます。このときバルブのガラス部分に炎が当たって溶けてしまわないように注意しましょう。バルブのお尻をドライバーでこつこつ叩くと座金からぐらぐら動くのがわかるので、炎の当たり所を変えて半田がまんべんなく溶けるようにします。さらにドライバーでバルブのお尻を押してやるとぬるりと座金とバルブが分離します。この際、乾いた木綿のタオルなんかで抜けたバルブを受け止めるようにしないとバルブも座金も熱くなっているので台を融かしたりしますよ(笑)
 これでアダプターとなるH4Eの座金が取り出せたわけですが、HPで紹介されていた方法は座金の真ん中の穴を25φに広げた後に、座金にH4の3つの爪が収まる溝をヤスリで削り、1.6φのIV線をガイドとして巻き付けたH4バルブをはめ込むというのが概要でしたが、座金を25φに広げるリーマが手に入らない、旋盤屋に頼むと言い値を取られそう、ということでどうしたかと思ったら、H4のブルーバルブのほうも座金が半田付けで、バルブの基部の直径もほぼ同じということで、H4バルブの方もガストーチで座金とバルブを分離し、H4Eの座金に固定すればブルーバルブのH4Eがそのまま完成というこちらの方を試してみることにしました。まあ、フィラメントが切れたときにはまた同じプロセスで座金を付け替えなければならないのがやっかいですが、今付いているH4Eハロゲンバルブを予備に積んでおけば何とかなります。ということで、慎重にH4バルブの座金をガストーチで炙って加熱し、今回は座金でなくてバルブの方が主役なので絶対にバルブのガラスを溶かさないように注意しました。あっさりと座金とバルブを分離させた後、バルブが冷えるのを待ってH4Eの座金に押し込み、位置をしっかり決めて光軸並びにフイラメントの位置をしっかり座金面から等距離にし、半田の切れ端を座金の裏に載せ、再度ガストーチで炙って半田を溶かし、冷やせば60/55WのH4Eハロゲンブルーバルブの完成です。この方法では光軸が大狂いすることはありません。又、たまたま今回は双方のサイズが適当なのでうまく組み合わせることが出来ましたが、試しに逆に元のH4EのタングステンバルブをH4の座金にはめてみようとしたら、H4Eバルブの基部のほうがサイズが若干太いようではまりませんでした。今回使用したのはTRIFAの座金にミラリードという所で発売しているH4球ですが、他の組合せでも座金部分を若干リーマで広げることによって可能となるでしょう。車に装着してみましたが、やっぱりニセモノブルーバルブの光はちっとも白くない(笑)

h4e1

使用したパーツ類、というか完成品と余ったパーツ。

h4e2

完成したH4E 60/55Wブルーハロゲンバルブ。トーチで炙った部分が虹色に変色してるのがご愛敬。この写真は座金とバルブの位置が180度逆でしたが、あとで修正しました。まあ、座金の位置がどこでもHELLAのランプケースに装着するのは問題がありませんでしたが。
こう見ると、H4Eは真空管に見えないこともありませんな(^_^;)

| | | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2005

アマチュア無線機用真空管の話

 当貧乏電波研究所のHF用リグ3台はすべて真空管ファイナルのものです。真空管ファイナルのリグといっても最末期に近いもので、2台はWARCバンドにも対応する80年代初期のものなので、6146Bという送信管を使用する物ですが、なぜか使う無線機もないのにそれ以前の無線機に使用する終段真空管もストックがあるのだからお笑いですが、まあ時間と財布の余裕があったらFT-101Eのレストアでもやってみたいと思ってこつこつと集めたものが中心です。さすがに807という真空管の世代ではありません。HFでまだSSBが主流にはなっていなかったころには807という大変歴史のある真空管を終段にしてAM送信機やCW送信機を自作していたらしいですが、807は鉄道の信号系統の機械に大量に使用されていたらしく、日本ではUY-807の名前で売られていました。そののち、6DQ6などの終段管を経てSSB時代になってからは市販の無線機には俗にテレビ球と言われる水平出力管を元にしたものが使用されますが、そのうちの一つに6KD6という真空管があります。「ケデロク」などと呼ばれましたが、アマチュア無線機器では八重洲のFTDX-400やFTDX-401、FL-2500リニアアンプなどに使用されました。2本パラレルで200ワットの出力が出せたためですが、元々使用していた大型カラーテレビもソリッドステート化してしまったために製造も短い期間で終了してしまい、同じ水平出力管であるプッシュプル100Wの6JS6Cに集約されてしまったような感じです。
 話はテレビ用水平出力管でちょっと脱線してしまいますが、我々が子供の時にはテレビはすべて真空管を使用していて、スイッチを入れても30秒くらいは映像が出てこなかったのが当たり前だったんですが、そのうち真空管式でも待機電力で常に真空管に火が入っていて、スイッチを入れるとすぐに画像が出てくるのが売りのテレビが出てきたと思いました。テレビを見ない時にも常に電力を食っているなんて、まったくインチキもはなはだしいものでしたが、カラーテレビが真空管を脱してソリッドステートになったはしりは、日立キドカラーの「ポンパ」だったと思います。昭和45年頃のことだったかなあ、日立は国鉄とタイアップし、旧型客車の編成を丸ごとショールームにして蒸気機関車C11を先頭にしたイメージトレイン「ポンパ号」を全国に派遣して自社ソリッドステートカラーテレビの全国キャンペーンを行いましたので、ご存じの方もいるかもしれません。私も我が町にやってきたポンパ号の見学を行った記憶があります。このころから20インチクラスのカラーテレビからも真空管が消え、水平出力管は比較的に大型のテレビが主流だったアメリカに輸出されるために生産を続けられたようなものでした。ちなみに我が家に初めてカラーテレビがやってきたのが、家の新築でそこまで回る金額がなかったのか、世間の平均よりだいぶ遅れた昭和46年6月ごろのことで、もちろんソリッドステート20型のテレビだったのはおろか、セパレートのリモコンまで付いたサンヨーサンカラー「薔薇」のズバコン付きでした。そういえば日立は昭和44年の夏に北海道の雄別鉄道という炭鉱鉄道のC56型蒸気機関車を何と白塗りにして、白い冷蔵庫を載せた無蓋車を牽く「日立ホワイトフリーザー」という冷蔵庫のCMをやっていました。その時の反響がかなり大きく、列車仕立てで新しいテレビの全国キャンペーンを行うことを思いついたんでしょうか?そういや高原に白い洗濯物が延々とひるがえる「青空」っていう日立製洗濯機のCMもインパクトが強烈でしたね。当時、家電のパブリシティは日立が一番うまかったような気がします。
 話は元に戻りますが、八重洲のFT-101に使用されている6JS6Cは八重洲の特注で、他では使用していない無線機用に特化したものとなっており、同じ品番ながら本来のTV用水平出力管として製造された米国製の球を使用すると、中和が取れないだけではなく、最悪トランスを焼損してしまう可能性があるので、八重洲特注品の6JS6Cが手に入れられない限りは使用しない方が良さそうです。アメリカ球を使用するためにはコンデンサや抵抗の容量変更が必要ですが、その使用は「手段を尽くせば使用できないことはない」という程度で、あくまでも自己責任の範囲内ということになります。6JS6Cは最初東芝から供給を受けていましたが、東芝の真空管生産撤退によりNECから供給を受けることとなって、NECも真空管製造から撤退するまでの2年間、6JS6Cの納入を受けていました。それから既に30年近く経過し、八重洲にもすでに6JS6Cの在庫はなく、FT-101を今後長く使うためにはファイナルの6JS6Cの確保にあるということで、当方にはなぜかFT-101が無いのに6JS6CはNECの八重洲純正白箱入り新品2本含めて6本転がっているんですよね(笑)もっとも八重洲純正白箱入り新品2本はFT-401D用真空管一式ということで、貴重な高周波特性に優れるバラモジ管7360を始め他の真空管も附録として付いてきましたが(^_^;)
トリオのSSB機は松下のS2001という真空管を長年使用していましたが、これは6146という送信管のコストダウン版だそうで、6146は一応送信管なので厳しい規格検査にパスする必要があって、どうしてもアマチュア機の用途に使おうにもコストダウンできないということで、それならアマチュア無線用に廉価版を作りましょうということで出来たのがS2001らしいです。6146のはかま部分が金属なのにも係わらずS2001はプラスチック製で、何となく安っぽい感じ。現にS2001のプッシュプル100Wは6146Bの2本にそのまま差し替えてもまったく問題はないそうで、単独で使用する時だけヒーターの抵抗値を変えてやるということで互換性があるのがその証拠。何も高い金額を払ってS2001なりS2001Aを見つけだして買う必要はありません。まあ、私の場合はあくまでもコレクションですけどね(笑)その他トリオでは、八重洲の6KD6に対して6LQ6(6JE6)という水平出力管を使用する無線機(TS-511S)とリニアアンプがありました。確かオーディオの世界にもこの真空管を終段にしたアンプがあったようですが、今となっては6KD6以上に確保するのが大変みたいで、マッチングペアを得ることは不可能に近く、単品でも結構な値段がしますのでうちのコレクションには残念ながらありません。
 うちの現用無線機3台はすべて6146Bです。この時代ともなると、電力増幅の用途として真空管を使用しているのはアマチュア無線機くらいになってしまって、すでにTV用の水平出力管はなく、日本での真空管の製造も終わってしまったために、無線機用真空管としてまだまだアメリカでは製造されていた6146Bを八重洲ではFT-901から、トリオでは八重洲に少し遅れてTS-830からこの6146Bを使用しましたが、八重洲ではこの後FT-101ZシリーズとFT-102に使用され、トリオではTS-830が最後の真空管機となりました。八重洲、トリオ共にジェネラルエレクトリック製6146Bを使用していましたが、当局では一昨年にRCAの新品白箱入り2本を何と3,800円という破格値で確保しました。最初ボケ掛けたFT-101ZDのファイナルと交換してやろうと思いましたが、GE管にくらべて余りにも美しい新品球で勿体なく、使うに忍びなくて白箱に入ったまま押し入れストックになってしまいましたが。

tube3
代表的なアマチュア無線機用電力増幅段真空管各種
左から6KD6東芝(八重洲特注品)、6KD6東芝(緑帯ナシ)、6JS6C東芝(緑帯)、6JS6C日本電気、6146Bジェネラルエレクトリック、6146B RCA、S2001A松下電器

tube4
 箱入り八重洲純正6JS6C(NEC)、6146B RCA、S2001A 松下電器、励振増幅管12BY7Aジェネラルエレクトリック、バラモジ管7360 RCA、12BY7A 神戸工業(現富士通)

| | | Comments (1) | TrackBack (0)

March 01, 2005

石垣島別宅シャックのJS6RGM局

 2月の交信局数があまりにも少なかったために26日土曜日にも21メガで電波を出していました。相変わらず7メガは新市からの移動局とそれを狙う局でごった返していて、とても電波を出す気にはなれませんし、14メガもコンテストで一度は交信した局が多くなってしまったために、主に沖縄ねらいで21メガでCQを出すと、程なく石垣島のJS6RGM局である稲村OMからコールバックがあり6分ほどお話ししました。実はJS6RGM局の稲村OMはCQ誌の2005年1月号だったかのCQロータリーに記事が載っていて、石垣島に別宅シャックを建設し、八王子の本宅から通われていることを知っておりました。なぜそんな細かいことを覚えていたかというと、同じページに当貧乏電波研究所のアンテナ調整のコメントが掲載されていたからでした(^_^;) ということで、その事をお話ししたら奇遇だと喜んでいただきましたが、更に当局設置場所苫小牧と稲村OMのホーム、JA1CJK局の八王子が姉妹都市であることのご縁をお話ししましたら、そちらのほうはご存じなかったようです。
 JS6RGM局は現在200W局ですけど、1kW局の落成検査を目指して現在その途上にあるようですが、沖縄というと本土では位置関係から難しいアフリカなどからのパスが強力に入ったりするようで、そういうのは緯度の高い北海道では想像できません。まあ、それを狙ってのわざわざの石垣島シャックでしょうけどご本人、設備関係で資金を使いすぎて、なかなか石垣島に渡る予算に事欠いてしまったために、少しでも家計の足しにと図書券を得る目的でCQ誌のクロスワード解答とショートコメントをせっせと送っているとのことでしたが、図書券目的でクロスワードの解答を送り、結果的にけっこうCQロータリーにコメントが掲載されているわたくしと同じです。しかし、昨年度獲得図書券総額は1,500円のわたくしのほうが多いようでした(笑)

| | | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »