« 1年3ヶ月ぶりの3.5メガ | Main | 参加JL8コール2局だけのFDコンテスト »

December 21, 2005

遭難信号を打った大馬鹿者

 15時台後半にたまたまリグの前に座る時間があり、この時間7メガでどの辺りが聞こえるか全くわからないのでリグのスイッチを入れてみると、7.056付近で一度聞いたことのあるようなコールサインが聞こえていたので、慌ててヒータースイッチをオンにし、パソコン立ち上げて確認すると、今年の5月に1度交信している局だとわかり、真空管が暖まったところで急いでチューニングを取りましたが、幸いにもまだCQが出ておりましたので、応答すると1発で取ってもらえて交信成立。かなりフェージングがあって、さらにこちらは雪が降り出しノイズと空電も加わり、あまりコンディションの良い状態ではないので、レポート交換もそこそこに、又他のバンドでの再会を約束してファイナルを送りました。たまたまこの局は相模原の局だったのですが、他をワッチしてみると、横須賀あたりの局も聞こえるのですが、6mの開け方同様に「16号線の法則」が」成り立つのでしょうか?(笑)
 夜もあまりコンディションが良くなく、3.5メガで相手になるような局も見つかりませんでしたが、青梅の500W局が喋っているときに同一周波数でその局のコールサインで「SOSとOSO」をCWで打っている大馬鹿者がいたようです。妨害もさることながら虚偽の遭難通信と非常通信を発放したら、どれくらいの罪に該当するか大馬鹿者にはわからないらしい。業務通信の世界じゃ遭難通信はGMDSSにシフトしてモールス通信が無くなったので、関係ないとでも思っているのでしょうか?最近は電波監視も厳しくなっていますから、どういう結果になるか、あなおそろしや〜(^_^;) そういやこないだ函館近辺から衛星を通じてGMDSSの遭難信号がキャッチされ、海上保安庁の航空機や船舶が捜索に出て大騒ぎになりましたが、発信先を特定すると何と陸の上で、ある廃材置き場から遭難信号が出ていたとのこと。これ廃船になったイカ釣り船の解体部品にGMDSSの送信機がバッテリーも外されずに紛れ込んでいて、何らかの原因で作動して衛星に向かって電波を発信したようです。アマチュアごときの安易な考えで、たとえモールスにしても遭難信号を送出するなんていう妨害がどういうようなことになるか、よく考えて欲しい物ですが、上級の法規を勉強したらそんな恐ろしいこと出来ませんって。

| |

« 1年3ヶ月ぶりの3.5メガ | Main | 参加JL8コール2局だけのFDコンテスト »

Comments

懐かしのヒット曲ピンクレディの「SOS」のイントロ部分が
上記の理由により放送上カットされていた事をふと
思い出しました。

Posted by: jsx | January 15, 2006 08:23 PM

まったくありえませんよね。
そういうやからは是非摘発されて欲しいものです。

Posted by: lgw | December 22, 2005 01:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 遭難信号を打った大馬鹿者:

« 1年3ヶ月ぶりの3.5メガ | Main | 参加JL8コール2局だけのFDコンテスト »