« 禁酒禁煙5年目に突入 | Main | DL用スチームジェネレータ »

January 18, 2006

資本と時間

 アマチュア無線というのは、社会一般的にはなんの貢献にもならない純粋に趣味の世界ではありますが、その世界に入り込む為には資格と許可の両方が必要というのは珍しい趣味だと思います。
 よく車が趣味という人もいますが、移動手段という趣味の範囲外として実用で車を使うことだってあるはずですし、ましてパソコンを扱うのにライセンスも許可も必要ありませんし、フィギアのコレクションにおいても然りです。趣味の世界というのはその正否が「いかにつぎ込める資本と時間があるか」が鍵になっていますが、アマチュア無線に限っては「資本と時間」があっても資格がそれに着いていかないと成就しないはずでした。しかし、いつの間にか他の趣味と同じように勘違いする人が増えたのか、資格に関係なくその正否を左右するのはそこに費やす「資本と時間」ということになってしまっていたようです。
 何せ自分が所持している免許に関係なく無線機はどんな物でも購入できますし、資本投下の度合いが大きければ高いアンテナタワーを建てて高利得のビームアンテナを付け、パイルを破るためにリニアアンプなどという電力増幅器も備えれば1年ほどみっちり運用するだけで全世界の200地域ほどと交信して一端のDXサーと呼ばれることもあるでしょう。おまけにDX専門にやっていると、交信内容は英語でも定形文の交信なので、端から聞くと英語がペラペラのように感じられます。やってる本人はますます自己満足に浸ることが出来たのです。ところが、それまでは無線の世界でも資格に関係なく費やす投下資本と時間が成果に直結していた(大いなる勘違いですが)と思われていたものが、ある日を境に状況が変化してきました。インターネットで総務省のコンピュータから免許情報が検索されるようになったからなんです。この処置によって、その世界では名だたるDXサーと思われていた人が、実は電話級10Wの局免しか無かったとか、キロワット局で運用していると公言していた人が電信級50Wの局免だったとか、5バンドDXCCを取った人の14メガの許可が無かったとか、そういう事実が次々に発覚してしまったのです。
 この事態によって「金さえ掛ければ誰でもヒーローになれる」時代は終わりを告げ、派手に免許外の運用を行っていた人たちは上級免許取得に走るか、それとも息を潜めてほとぼりが冷めるのを待つという状態でした。けっこうDXの世界では有名で、カリブの島々にまで電話で電波を飛ばしてインタネットクラスタの常連コールサインで免許情報発覚後、まったく声が聞こえない有名人ってけっこういますよね(笑) 何年くらい前でしたかねぇ、免許情報公開後のことでしたが、北米向きに7メガ電話で喋っている茨城の局がうちの垂直アンテナでもメーターが振り切れるほど入感していたので、試しにコールサインで検索かけたら4級10W局。その局に同じ1エリアの局がインチキ野郎とののしると、この茨城の局が怒り始めて、「おまえの信号なんか針がちっとも振れていないぞ、このオカマ野郎」とかいうニュアンスの罵詈雑言から始まって、「悔しかったら50メータのタワーを上げて5キロワットくらい出して見ろ」という言葉から放送禁止用語の類までありとあらゆる事を1人で10分くらい公共の周波数でしゃべりまくった元自衛隊員とかいう人がいましたので、あまりにも非道いから80条報告上げようかと思いました。そのあとで関西コールの2文字局が「まあまあ」となだめに入っていたのですが、こんな局(有名なDXサーらしい)を擁護する2文字のOMの気持ちがわかりませんでした。こういう設備出力至上主義者は電信をやらない電話バカ共通の症状のようです。
 いるんだいるんだここにもあそこにも、処置無しっと(C)ドクターハロー
 でもねぇ、針金切ったり繋いだり、園芸用支柱組み合わせたりしてアンテナ作って、10Wで全国の知らない人と交信する創意と工夫による交信は、金で揃えた出来合の設備で、資格外の運用をしてカリブの島々と電話で話をするのとはまったく志が違うんですけどねぇ。でもまあ、いまだに「自分の無線環境さえ良ければ、他の人間のことなど知ったことではないし、資格その他、他人にとやかく言われる筋合いはない」という人間が多すぎて困ります。とりあえず1アマ試験もモールス免除で一度に500人以上も合格者を出したことですし、設備に資格を近づけることは容易になり(本末転倒ですが)、ますます資格外運用が叩かれることになるかもしれません。
 しかし上級取ったら取ったで、今までの自分のやって来た事は棚上げし、途端にオーバーパワー糾弾、上級資格擁護に回りがちなのは何でだろ〜う何でだろ?(^_^;)

| |

« 禁酒禁煙5年目に突入 | Main | DL用スチームジェネレータ »

Comments

アマチュア無線は、目的が自己訓練ですから、他人がどのような免許で遣っていようと、その自己訓練の妨害にならなければ構いませんが。唯、免許/資格で運用を認められている以上の設備で遣っておられる局が居て、何のお咎めも無いので、それじゃ俺もと言う輩が沢山出てきて、自分の自己訓練が出来ない状況になるというのはとても困ります。そういう意味では、免許情報を公開して、悪さ?が出来ないようにするというのは、公平と言えば公平です。政治家の資産が毎年公開されるようなものでしょう。

Posted by: JJ0KTX | January 21, 2006 09:18 AM

総務省の免許状情報公開によってアマチュア無線も因果な趣味になっちゃいましたねー 交信する相手の免許情報を検索したり、出ている局の免許情報を検索して「インチキだ」と罵倒したり。 別に自分は法律違反をしていなくて正々堂々と運用しているなら他人の事なんかドッチでも良いと思うんですがねー そんなに他人の事が気になるんですかね? 嫌な世の中になりました。

Posted by: 通りすがり | January 18, 2006 05:45 PM

今日は。

>電話しかやらない為に

もしくは、電信をやっていたとしても、DXCCのために...と言う方はおられるでしょうね(この辺の事は、有名な方が関西にもおられます(苦笑))。

アマチュア無線の運用において法を守ると言うのは、スポーツにおけるレギュレーションを守るのと同じような意味があると思います。

日本国内(もしくは自分の資格、免許など)で許されていない大電力でDXCCを達成して満足出来ると言うのは、ドーピングで世界新記録を達成するような物ではないのかなぁと思っています。

#もっとも、それで満足出来ると言うのであれば、あくまでも自己責任で法を破った運用をすると言うのも人生の選択ですよね(但し、最近は手が後ろに回る可能性も充分にあると思いますが...最近の電波管理当局は、通報があれば積極的に取り締まりを行うそうですので)。

Posted by: 7J3AOZ(JH3YKV News Editor) | January 18, 2006 05:21 PM

気に障ったらすいませんm(_ _)m

でもまあ、電話しかやらない為に資格外大電力が必要な輩っていうのは
けっこう昔からいるのも確かなんですわ。

 ちなみに地元の世界的な有名人は、10キロワットがいるという噂を聞き
つけて、何と13キロワット掛けたら家の外に置いてあった電柱用トランスと
コンデンサが爆発。それでも一瞬だけ13キロワットの電波が出せたから満足
だったとか(笑)

 原野の中の一軒家だから成せる技ですが、自己満足もここまでくれば
「名誉電話バカ大賞」の有力候補です(^_^;)

Posted by: じぇいかん | January 18, 2006 04:40 PM

今日は。

>電信をやらない電話バカ共通の症状のようです。

う~ん、アマチュア無線の運用形態は人それぞれですので、こう言う言い方はちょっとよろしく無いのではないかと思うのですが...。

#私は一時PSK31しかやらなかった時期があるのですが、この場合「デジタルモード・バカ」と呼ばれてしまうのかな?(苦笑)

Posted by: 7J3AOZ(JH3YKV News Editor) | January 18, 2006 03:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 資本と時間:

« 禁酒禁煙5年目に突入 | Main | DL用スチームジェネレータ »