« 梅雨明けでハイバンドコンディション低下 | Main | ケネリ・ヘビサイド層 »

August 01, 2006

8月に突入

 夏至を過ぎること早くも1ヶ月を過ぎ、ついに8月に突入しましたが、こちらは冷たいオホーツク高気圧が居座っていつまでたっても暑い夏がやってきません。さすがに夏至の頃には朝の3時半にもなると明るかった北国も、天気がいつまで経ってもすっきりしないのも手伝って4時半過ぎまで明るくならないようで、朝から強い日差しで早朝から目が覚めるということも少なくなりました。夏至から約40日が経過し、現在ハイバンドの伝搬コンディションとしては5月の10日あたりの状況に近いのでしょうか。ハイバンドでCQを掛けていても国内がスキップして韓国やロシアあたりからコールバックを受けるようになりました。6mあたりのEスポ国内伝搬もあと2週間くらいでほぼ終息しそうな感じでしょうか。
 さて、JAIAアワードも割当の700枚分のカードを7月中にほぼ使い切りましたが、7月の月間交信局数900局は移動運用を行わない(装備が揃わない)当局にとって通常であればほぼ1年分の交信局数に匹敵します(^_^;) いささか疲れましたが7/14/18/21/24/28/50/144の8バンドで運用を行い、殆どCQを掛けない21メガをメインに運用しましたので、7/21にしか出てこないという人たちと相当数初交信出来たことと、2バンドはもちろんのこと3バンド4バンドのマルチバンドの交信を達成した局を相当数カウントしたのが収穫でした。
 30日日曜日はこの季節にしては非常にコンディションが良く、普通は21メガでも昼過ぎには国内がスキップしそうなところ、夕方までどこかしらが聞こえて常にコールバックを受けるという状態で、これがFDコンテストの時なら相当な高得点勝負だなんて思いましたが、今週末のフィールドデーはどうでしょう?一昨年のFDは6mの大オープンに遭遇し、6mモノバンドでサマリーを出しましたが、昨年は14メガモノバンドでサマリーを提出しているところも見ると、8からは6mが厳しかったのかな?いまいち記憶がはっきりしませんが、もうFDの時期になると8から6mは開くか開かないかは一つのバクチになるかもしれません(笑)
 さあ、週末はいよいよFDコンテストですが、移動しない我が貧乏電波研究所はこのコンテストだけは完全にお客さん扱いですから、出して恥ずかしくない程度の交信局数をカウントしたら、さっさと終了です(^_^;)

| |

« 梅雨明けでハイバンドコンディション低下 | Main | ケネリ・ヘビサイド層 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 8月に突入:

« 梅雨明けでハイバンドコンディション低下 | Main | ケネリ・ヘビサイド層 »