« RELAY No.512 ポケット計算尺 | Main | FUJI No.102 10インチ片面計算尺 »

October 28, 2006

山越工作所大串式体格計(計算尺)

 この円形計算尺は用途的には当方にはまったく関係ないもので、幾ら安くともスルーしてしまおうかと思ったのですが、実は滋賀のKIMさんが最近HP上で公開した山越製作所のKYS比体重・比胸囲・比座高 高速計算器と同じ山越製作所の製品だと気が付いて落札したものです。山越製作所というのは戦前から現在に至るまで体の部位を計測計算する機器を製作している唯一のメーカーのようですが、一般人の我々には会社も製品もまったく馴染みのないものです。製品名は「大串式体格計」となっておりPAT.No.81248と書かれていますが、このパテントの内容を検索してみると、実に昭和3年公告第4849号で公開されたれっきとした計算尺の特許で、その内容は大串菊太郎という人が考案した「体格栄養判定尺」というもの。それによると「体格及び栄養の等位判定に関するものと近似体重算出に関するものとより合成されたる一種の計算尺にして固定尺及び動尺上には身長、矯正身長、胸囲、体重及び適当に配置されたる判定等位分類線並びに支持点を対数にて目盛られ、其の目的とするところは人体の体格及び栄養が如何なる階級等位に属するかを年齢及び性に準じて判定し得るのみならず、之を逆用して不良なる体格及び栄養を改善するために既知身長に適当なる胸囲、腹囲、体重等を指定処方し得るにあり」とされていますが、みなさんお解りでしょうか?(^_^;) 数値算出の根拠になる数式など、このあとに全て書かれていますので興味のある方はパテントナンバーで検索してみてください。兎にも角にも想像していたような「換算尺」程度の物ではなく数々の統計データに裏付けられたかなり複雑な「計算尺」であることは確かです。大串菊太郎という人は明治・大正・昭和初期にかけての解剖学者で、特に古代人から現代人に至るまでの骨格を何千体も調べて、その研究成果によって副次的にこのような計算尺を開発するに至ったようです。余談ですがこの大串菊太郎と同時代、同様に古代人の骨格から現代人の骨格までを虱潰しに調べて現日本人のルーツがどこにあるのかを調べた高名な解剖学者に東京帝大の小金井良精という人がいて、この人はショートショートで有名な星新一氏の母方の祖父。祖母の小金井喜美子は森鴎外の妹に当たる人です。こちら小金井良精に関することは星新一が「祖父・小金井良精」というようなタイトルの本で紹介していて、確か30年ほど前に読んだことがありましたが、その本に同じ解剖学者の大串菊太郎の名前が出てきたかどうか記憶にありません。しかし、同じ「古代人から現代人までの骨格の違い」に着目し、現日本人のルーツが何処にあるかを探求した片や帝大出のエリート学者、片や帝大出にあらず英国で学位を取り、私学を転々とする学者として、大串の方にライバル心が生じていたのかもしれません。
 良くはわかりませんが、KIMさんのコレクションも似たような目的に使用される計算尺だとは思うのですが、今回入手したものはKIMさんのものよりさらに古い物のようで「栄養状態がどうなのか?」の判定を素早くするための特殊な目盛があるものです。また、壊れやすいセルロイドのカーソルではなくメタルのカーソルで、そのエッジで数値を読みとるような円形計算尺になっています。メーカー自体もこちらが「山越工作所」と古い名称になっています。その当初の用途は「徴兵検査」の甲乙丙種をスムースに判定するための目安用として多く使われたような雰囲気で、なんか戦争のきな臭さを感じさせるような。実はこの円形計算尺は先週RELAYのNo.512を出品していた人から再度落札したもので、計算とも尺とも関係ないタイトルの商品ですから、前回にこの人の出品一覧を参照しなかったらアンテナに引っかからずに気が付かなかったはずです。直径は10.8センチほどある円形計算尺ですがずしりと重いので試しに磁石を近づけても吸い付きませんでした。一カ所傷が付いたところが金色に光ったので、材質は真鍮の板にメッキを掛けたもののようです。あまりゴシゴシと磨き上げるとメッキごと目盛が剥げてしまうので、殆ど回転しないカーソルの中心にオイルを差しただけで止めておきました。これで内側のサークルとカーソルは問題なくスムースに動いてます。ということで、誰にも注目されずに開始価格100円でそのまま落札となり、HEMMIのP24の落札金額120円を抜いて当方の最安落札金額計算尺となってしまいました。
 しかし、100円マックじゃないですが、100円でここまで調べて書くことが出来るんですからコーヒー1杯より如何に価値のある100円か(笑)それにしても日常でも非日常でも使うあてのない計算尺ですから、すぐにコレクションボックス行きでしたが。
Photo


| |

« RELAY No.512 ポケット計算尺 | Main | FUJI No.102 10インチ片面計算尺 »

Comments

こんにちは。もしまだこのHPメンテされていたら...と思いご連絡してみます。山越工作所の子孫の者です。

Posted by: Yasu Ino | May 05, 2021 10:06 PM

請問:在哪裡可以買到KYSマルチン氏人體測定器呢?

Posted by: 楊 | May 31, 2009 04:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 山越工作所大串式体格計(計算尺):

« RELAY No.512 ポケット計算尺 | Main | FUJI No.102 10インチ片面計算尺 »