« FUJI No.86 生徒用計算尺 | Main | QSOパーティシール到着 »

January 21, 2007

10日ぶりにアンテナ復旧

 6日夜半から7日にかけて通過した台風並の勢力を持つ爆弾低気圧のおかげで場所によっては風速48メートルという被害を生じた北海道でしたが、我が家でも吹き戻しの突風で屋根に上げていたHF用のアンテナのステー線が根本から切断したおかげで屋根馬ごと倒壊するという被害を生じました。翌朝、一面の雪に覆われ、そのまま雪が屋根の上で凍り付いてしまったために、屋根に登って復旧作業に掛かるわけにも行かず「や〜ねぇ」なんて駄洒落を言っている場合ではありません。そしてそれから何日も真冬日が続き、一向に屋根の氷が融ける状況には至りませんでしたが、17日に寒気が緩んで融け始め、18日にやっと屋根に登れる状況になりました。翌日からまた天候が悪化するという情報を得ていたので、平日にも係わらずこれを逃すと本当に春まで復旧作業に掛かれないと思い、昼から1時間程を割いて復旧作業に取りかかりました。(翌日、また雪が積もりましたので、結局この日にしか作業は出来なかったことになります。)
 工具を腰にぶら下げ、耳隠し帽の上にヘルメットを被って屋根の上に登ると、やはりステー線が根本から切断したのが倒壊の原因だとわかりましたが、北側の1本が切れて切れたのではなく、北側が切れてバランスを崩し、それが引き金となり更に東側の1本も切れた事で屋根馬ごと倒れたということのようです。6バンドのGPアンテナのため、各バンド1本ずつの計6本の地線が放射状に伸びていたのですが、そのうち真南に伸びていた28メガの地線が倒れたときに「の」の字にひん曲がり、21メガ用の地線の先端も少々曲がるという被害を生じていました。28メガの地線は根本のネジも曲げており、ナットが緩みませんが、何とか取り外すことに成功しました。切れたステー線を2本交換して屋根馬ごと垂直に建て直そうとすると、7メガのフルサイズダイポールが地上のガレージの軒先に引っかかってそれが邪魔になり立ち上がりません。面倒なので一度ダイポールのバランを垂直ポールから外してアンテナを立て、4方向のステー線のテンションを調整してから一度地上に降りて軒先からダイポールのエレメントを外して再度2階の屋根の登り、ダイポールのポールに装着使用としたら、今度はステー線を張ってしまった後なのでステー線が邪魔になりダイポールのバランが定位置に上げられない(^_^;) 風がまったくなかったので良かったのですが、慎重に南側のステー線を外してダイポールのエレメントをステー線より上にし、ステー線を元に戻してからダイポールを定位置に再装着しました。しかし、当日は真冬日を脱してプラスの5度くらいまで気温が上がったと思いますが、1.6ミリの裸銅針金製のダイポールエレメントが低温で短縮しているらしく、夏場と比べて引張りテンションがかなりきつい感じでした。電車の架線も気温の変化による寸法差に対応するために、夏と冬ではテンションをかけるコンクリートの重さを100キロ単位で変えるらしいですが、たかだか片側10メートル半の銅線とはいえ、夏場と冬場ではどれくらいの寸法差を生じているのでしょうか?
 とはいえ28の地線以外は無事だったアンテナですが、短縮コイルの先から激しく曲がった28の地線を、当初トーチで暖めてから曲がりを直そうと思っていたのにも係わらず、面倒くさくなってそのまま真っ直ぐにしようとしたら、短縮コイルの先の部分にヒビを入れてしまいました。今の季節は28メガで話し相手がいないので今すぐ必要な事はないのですが、一旦切り離してアルミパイプの中子を入れ、ビス接合してごまかそうかと思っています。
 土曜日の午前中は21メガが良く開いていて、うちからは1エリアの一部がスキャッタでよく入感し、あと九州から沖縄までけっこう賑やかに聞こえていました。21メガで1エリアは宇都宮のOMさんと冬シーズンに初めて交信しました直後、つくばの1総通/1陸技/1アマ持ちの友人が電話を掛けてきて20分ほど話し込んだあとに再度21メガでダイヤルを回したら、なんとバンド中が静かになっています(T_T) 正月のQSOパーティ以来初めての交信になるので、もう何局か交信しておきたかったのですが。

| |

« FUJI No.86 生徒用計算尺 | Main | QSOパーティシール到着 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 10日ぶりにアンテナ復旧:

« FUJI No.86 生徒用計算尺 | Main | QSOパーティシール到着 »