« February 2007 | Main | April 2007 »

March 05, 2007

ばね計算尺

 昔、製造メーカーにいた関係でそこで部品として使用するバネはコイルスプリングからネジリばね、はたまた規格外の特殊な形の板バネまで合わせると千数百種類もありました。こちらは設計者ではなく業務・営業畑だったために、社内の学卒ほやほやの新米設計屋には「極力部品を共通化してネジとバネの種類を減らせ」と要求したのにも係わらず、長さが2ミリほどしか違わない特注ネジやバネが沢山必要な設計が上がってきて、文句をいうと「そこまで余計な手間を掛けると設計が予定期日に間にあわない」とか何とか言われて、よく設計屋とケンカしていたことがありました。結局押しきられてしまって特注のネジやバネが新製品のたびごとに増殖していき、サービス用の部品供給に頭を悩ませていた事を思い出します。我々が扱っていたばねというのは線経たかだか0.3ミリから0.5ミリくらいの物が多かったために「スプリング」というとこういう細かい物を連想してしまいますが、一般的にスプリングのイメージというともっと大きな自動車用のコイルスプリングなどのイメージでしょうか?ということで、仕事では大田区のばね工場よりばねの調達係は務めましたが、ばねの設計はしたことはもちろんありません。おそらく一生のうちでばねとの縁はこれくらいです。そういえば朝の連ドラ「ファイト!」は高崎の木戸製作所という零細ばね工場が舞台でした。ばねの設計が出来る人の方が特殊な能力だと思いますが、ばねの設計は材質・線経・巻の直径・長さなどが絡んで押し・引きの強さなどが決まってくるらしく、以前はそれらの数値を大まかに計算するために専用の計算尺が用いられたようです。HEMMIでは特殊計算尺の400番台にNo.401という型番のコイルばね設計用両面計算尺があって、オクには年に1本くらいしか出てこないようなレアな計算尺です。2005年8月に1本デッドストックでオク出品され、例によって代理入札業者の手により国外流出しました(笑) ところが群馬県の桐生の特殊計算尺研究所というところが設計してどこかに作らせたばね設計用計算尺の存在は噂では知っていましたが、現物を見るのは初めてでした。評判に違わず滑尺が2本付いている計算尺で、さながら「妖怪・猫又」のような計算尺の化け物です(^_^;) 現物は見たことありませんが、実は19世紀には単位換算尺として滑尺が2本あるものが存在したようで、その2つの滑尺の目盛はまったく同一で、下の尺をカーソル代わりに読みとりに使用するか、上の尺が目外れを起こしたときに下の尺を差し込み、目外れがおきないように連続して数字を追えるようにしたものらしいです。当然の事ながら計算尺にカーソルが付き、ずらし切断が普及することにより意味がなくなり。この滑尺2本の計算尺は十九世紀末には廃れたようです。
 今回入手したばね計算尺の2つの滑尺の目盛をどう組み合わせて数値を計算するのかは、ばねの専門家ではないのでわかりかねますが、カーソル上に副カーソル線が色々と刻まれていて、当方の高校物理B程度の力学知識でまったく基本的な計算くらいしか出来ないのは、いきなりHEMMIのNo.266を入手した高周波のシロウトと何ら変わりません。HEMMIのNo.401あたりだったら何となく使える気もするのですが、滑尺を2本組み合わせて更に副カーソル線で答を導き出すとなるとかなりハードルが高いです。計算尺操作においては最難関計算尺の部類に入るかも知れませんが、それが特殊計算尺たる証明なのかも知れません。
 このばね用計算尺は横浜は綱島近辺にお住まいの古いJA1コールのOMさんから譲っていただいたもので、本業は機械の設計を生業とされている方でした。仕事で使用しようと、説明書無しのほぼ未使用状態中古で昭和45年頃に入手したらしく、当時調べてわざわざ桐生の製造元に電話を掛けたら本人が不在で奥さんが電話に出られたそうです。そこで話を聞いたらもう計算尺には仕事として係わっていなくて、今は別な発明を行っているということだったらしいですが、そのため当時とて説明書のコピーなども入手出来なかったようで、基本的なねじりばねの計算尺操作法だけ後に会得して、その操作法を書いた紙をいただきました。そのOMさんの感想では「ばねだけ専門に設計している人なら重宝するかもしれないが、たまにばねの計算も必要とする程の機械設計屋にとっては、かえって煩わしかった」とのことです。案外、専用計算尺の存在というものはそんなものなのかもしれません。そのねじりばねの計算に係わるのは表面だけで、裏側の操作は皆目見当も付きません。実はこのばね用計算尺は2種類の物があるようで、滋賀はKIMさんのHP上の計算尺と今回入手したものは尺の種類が相当異なります。更にKIMさん掲載の計算尺は普通のマイナスネジを使っている計算尺なのですが、今回入手した計算尺はカーソルネジを含めて全てプラスネジとなってました。そうなると時代が下ってからの計算尺であることは間違いなく、さらに特殊計算尺研究所のマークも何もなくなってしまってますので、もしかしたら生産と販売は特殊計算尺研究所から離れて別な会社からリリースされたものかもしれません。また、頑固社長の徒然日記に写真は不鮮明ですが、ばね設計用具の一つとしてばね用計算尺が掲載されています。この写真の計算尺表面の尺種類はむしろKIMさん掲載のものに似ているのですが、固定尺を止める金具がまったく違うもののように見えます。そのあたりの経緯に触れている記述がまったく見当たらず、何も推測することが出来ません。一つ言えることは今回入手したものは先に発売されたパネ用計算尺のかなりの改良版で、おそらくコイルばね以外の板ばねやねじりばねなんかの計算に対応しているのではないかと想像しますが、同じばね用計算尺としてはコイルばね専用のHEMMIのNo.401などは足元にも及ばないほど複雑な計算尺です。普及版と改良版の2種類が存在していたのでしょうか? 普通の両面計算尺の下に追加されたようなもう一本の滑尺ですがこれは下に追加された横金具(鉛筆のような六角形の金属)の角とかみ合ってスライドする物で、下部カーソルバーともども60度の角度に溝が切られています。これがなかなかのアイデアで、やはり設計者は凡庸な町の発明家ではありません。上固定尺の上部にも溝が切られていて上のカーソルバーの凸部とかみ合うようになっていますが、そこまでする必要があったのかどうか。そのため、カーソルばねは凸部の両端に2本入っています。金具は分厚いクロームメッキ仕上げの鉄ようで、未だに曇りの一つもありません。質感としてはバスの手摺りみたいな感じです(笑)
 しかし、このバネ計算尺のセルロイド表面の質感はRICOHっぽい感じもするのですが、竹の組合せ方はHEMMIに近い感じも受け、このような計算尺は専業メーカーでないと製造できないとは思いつつもRICOHとHEMMIが製造に係わっているという印象は得られません。ゲージマークなどの刻印の入り方が何かぼてっとしてアンシャープな印象を受けるので、もしかしたらセルロイドを貼った竹をパーツとして計算尺メーカーからの供給を受け、目盛入れと組立は地元の業者にやらせた事も考えられるでしょう。桐生はパチンコ台の生産関係の下請け工場がありましたから、中にはアクリル加工や彫刻の得意な所もあったかもしれません。基本的に赤と黒の尺を有しますが、裏のb mmという尺だけがグリーンに目盛られていて、グリーンの尺がある分かなり新しい時代のものなのかもしれません。底の抜けたグリーンの貼箱に更にビニールのシースに入れられて納められていました。長さはだいたい普通の両面計算尺と同じ32.5センチですが、幅が下の六角棒を含めて5.6センチもありますので、太くて短いような印象を受けます。しかし、その滑尺2本という希少性と難易度の高い計算尺操作を含めて「日本製計算尺の横綱格」にふさわしい珍尺だと思いますがいかがでしょうか(笑)いちおう計算尺研究家を自認する人たちの為に、今回は別途で大きな画像を貼り付けておきますのでクリックして見て下さい。
Photo_1
Photo_2
ばね計算尺表面の大きな画像はこちら
ばね計算尺裏面の大きな画像はこちら


| | | Comments (2) | TrackBack (0)

March 04, 2007

RICOH No.116S

 当方、片面計算尺では永遠のスタンダードで名機の評判も高いHEMMIのNo.2664Sよりも、RICOHのNo.116のほうに気があることは、何回も書いたと思います。その中でもRICOHのNo.116の仲間でNo.116Dという表10尺の、まるでHEMMIのNo.2662のような計算尺はかなり早く入手しました。No.116の中でもNo.116Dはなぜかオクでも割と見つからない計算尺なのですが、それに輪を掛けて見つからない計算尺が末尾に「S」の付いたRICOH No.116Sなのでした。そのためS付き116の存在は割と早く把握していたのにも係わらずスタンダードなNo.116とどう異なるのか、いままで皆目見当が付かなかった計算尺です。昭和49年最終生産のNo.116がグリーンCIFだったことからNo.116Sもそのあたりの改良品だと自分で想像を巡らしていたのですが、入手してみると意外な結末に拍子抜けしてしまったというのが正直な感想です。入手は福井県からで、落札金額はたったの300円。8"学生尺ならまだしも10"の片面計算尺が、300円で他に買い手が付かないとは何と言うことでしょうか
(^_^;) HEMMIのNo.2664Sだったらケースがなくとも600円以上は値段が付くような気がしますが、写真が不鮮明でケースが煤けていたように汚かったのが敬遠された原因なんでしょう。こちらにとっては待望のS付きNo.116なんですけどねぇ(笑)
 届いたNo.116Sの製造刻印は「SS-7」で青蓋塩ビケース入り昭和45年の佐賀製です。RICOHのNo.1053には昭和45年製造でも前期が普通のブラックCIFのものが年末にはグリーンCIFに変わったようなものもあり、このNo.116SもグリーンCIFならいいなあと思ったのですが、7月製造分のこの計算尺はブラックCIFでした。しかしカーソル線は黒に変わり、これは昭和49年の最終製造分までそのままです。Sの意味はグリーンCIFに変わったNo.116の意味かと思ったら、何とこのNO.116SはNo.116が表面9尺なのに対して滑尺裏からL尺が表に移動した表面10尺装備の計算尺で、表面は K,A,DF,[CF,CIF,CI,C,] D,DI,L の10尺、滑尺裏面が B,S,T,C,の4尺になってます。このHEMMIでいえばNo.2662みたいな計算尺はどこかでみたはずだと思ったら、同じ10尺装備のNo.116Dそのものじゃあないですか(^_^;) こうなったら徹底的にS付きとD付きの違いを比較検討しましたが、まず刻印とケースが違うと(゚o゜)☆\バキ 上の物差し部分の位置も同じで、ゲージマークの種類も同じです。強いて鵜の目鷹の目で違いを捜そうとすると滑尺裏の三角関数部分の目盛でS尺T尺の6度以下の目盛がNo.116Sは省略しているのにNo.116Dはちゃんと刻まれている、三角関数目盛はNo.116DのほうがNo.116Sよりも単位が細かく刻まれている、T尺30度/逆尺60度の数字刻印がNO.116SにはあるがNo.116Dにはない、というくらいしか当方にはわからないなぁ。換算表もまったく同じでした。考えようによっては当初 No.116DはNo.116のデラックス版の意味合いで「D」を付けたものの、HEMMIはすべてスペシャルの「S」が付けられていたので、それをマネしてNo.116DからNo.116Sに途中で改番したというのが事の真相ではないでしょうか。細部に違いがありますが、実質的には同一の計算尺で、2つに無理矢理区分されたためにD付きS付きのそれぞれの個体数が少ないのかも知れません。それにしてもDよりあとから出来たSのほうが実質的に「手抜き」されているのが気になりますが。まあそれを確かめられただけでも300円は安かったなと(笑)そういえばRICOHの両面計算尺は青蓋の塩ビ・ブロー成形ケースでもボディは青みがかった白なんですが、片面計算尺は同じ青蓋塩ビケースなのにもかかわらず、ボディはクリーム色です。蓋の部分も面取りされていて多角形のような形状の成型品なのですが、このデザインの差というのは何なんでしょうか?
Ricoh116s_1
 上がNo.116Dで下がNo.116Sです。換算表の抜け留めのためか、D付きには裏板にプレスで突起が打たれていますが、Sにはそれも省略されてしまったようです。
RICOH No.116S 表面拡大画像はこちら
RICOH No.116S 裏面拡大画像はこちら

| | | Comments (1) | TrackBack (0)

March 01, 2007

HEMMI No.P263 Commerce 商業用計算尺

 計算尺はその理論的な物が不変であれば現代ではその計算方法としてコンピュータの時代になったとしても導き出す答は同じですが、数ある計算機の中には主だった機能が政治や経済の仕組みの変化によって一瞬にして意味をなさなくなったものがあります。その代表が円とドルおよびポンド・シリング・ペンスの換算機能が売り物の一つであった商業用計算尺HEMMI No.P263で、この機能は昭和46年の円固定相場1ドル360円からの変動相場制移行、およびイギリスの1ポンド=100ペンスの十進法移行により無意味になってしまいました。イギリスでは複雑な12進法の通貨単位を廃止して10進法を採用した2月13日をデシマルデーという記念日にしているそうですが、おそらくHEMMIではその辺りを以前から察知していてNo.P263からこの外貨換算機能を省いて単位換算機能を高めたビジネス用計算尺No.P265に事前にモデルチェンジしたようです。ところが従前のHEMMI No.P263は今でもさほど珍しくもなく各地の文具店からデッドストックとして出てくるようですが、やはり人気は今ひとつというところでしょうか。
 本体はNo.P253と同じもので、いわゆる山梨の技研のOEMプラスチック計算尺ですが、発売はNo.P253より若干遅れて昭和38年末からの発売でしょうか。当初はNo.P253同様に紙製の貼箱入りのものがすぐに赤蓋で角が丸い形状の塩ビケース入りの物に変わり、最終的には他機種共々青蓋角丸塩ビケース入りの物に落ち着いたようです。VECTLOGのP253同様に「Commerce」のデザインロゴが入れられた薄いプラスチックの計算尺で、このシリーズ一連の代表としてNo.P263が通産省のGマーク選定商品になったという話を聞いたことがあるように思っていたら、しっかり説明書に「昭和38年10月に通産省よりグッドでサイン受賞」と書かれていました。ケースの色に関して、ヘンミでは特に気に掛けていたようで、計算尺説明書に添付されていたアンケートハガキの最終項目にケースの色の好き嫌いを問う項目があります。たぶん赤蓋塩ビケースを嫌うハガキが多かったからか、以後はP261もP263も青蓋塩ビケースに変更されてしまったのかもしれません。
 最近のオクは流星群出現のように特殊計算尺が多数出品されまして、見たことのないHEMMIの電気工事系ポケット尺を始め、養鶏排卵用計算尺、歯車設計用計算尺、大気汚染計算尺、5"両面機械寿命計算尺からなぜか戦前のNo.150が未使用のまま出てきたりして、なんかコレクターにとってはお祭り騒ぎのような状態ですが、そんなこともあってこの影の薄い商業用 No.P263は買い手が現れずに我が手中に落ちました(笑)送料がけっこうな金額になるので、どれか組合せで2本落とそうと画策するも、結局落ちたのはこれだけ(^_^;) でもまあHEMMIの両面計算尺シリーズで、せめてNo.250からNo.269まで集めようとすると(国内物の258とP262は相当入手困難ですが)、当然の事ながらP263とP265は好き嫌いに係わらず持っていなければしょうがないので、こういう機会に1本でも入手しておいたほうが良かったことは確かでしょう。久しぶりの未開封箱説揃いの完全品入手になりました。刻印はRIで昭和42年9月の生産になります。青蓋角丸ケース入りですので、P263としては後期の製品になります。P263は外貨換算尺が無効になるのを予想して、この尺度が無く単位換算機能に置き換えたビジネス計算尺 No.P265にモデルチェンジされたため、P261のように滑尺が青く着色された後期モデルがありません。ちなみにNo.P265のベースモデルはFUJIのプラ製片面尺No.102のようです。P263のバリエーションはあまりよく個体観察をしたわけではありませんが、P253のようにCIF尺がグリーンにマイナーチェンジされたものは存在しないのではないでしょうか?またP253の三角関数の目盛単位のマイナーチェンジのように途中で目盛の切り方が変わったという話も聞きませんので、このP263は最初から最後まで同じものが製造され続けたのかもしれません。このHEMMI No.P263にはHEMMIとしては珍しくも兄弟尺としてNo.143という5インチ両面計算尺がありまして、こちらは竹製です。見かけはNo.149Aと同様なのですが、商業用でありこちらの方も外貨換算尺があったため、早々に生産も途絶え、数がNo.149Aよりはぜんぜん少ないはずなのですが、人気は今一つです。さすがにこの分野には長さを増やして読みとり有効桁を増やす必要がない、というよりむしろ最小単位が1円でその誤差が許されない代わりにそれ以下の有効数字は切り捨てる分野のためか、20インチの兄弟尺が必要性ないのは当然です。
 実はあまりこのNo.P263のカーソルに関して書かれているものを見たことなく、現物を目の当たりにするまで気に留めていなかったのですが、表カーソルに緑色で副カーソル線が4本存在している専用品が装着されているため、P253や裏に副カーソル線のあるP261などのカーソルとは互換性がない専用品です。このカーソルは日歩・月利・年利の計算および12進法を10進法に換算するなどという使い方をするための補助カーソル線のようですが、説明書を見ないことにはそれぞれどう使って良いのか見当も付かないはずです。あと特徴的な尺としてはN尺M尺というものが計算尺裏面にあり、これは特に利息などの計算のために日数を計算する尺だそうです。また、表にP1尺P2尺というハーフレングスの尺があり、これは損益分岐点などの計算に使うんだそうな。
 しかし、ビニール未開封品ですから中身を取り出して使用することが出来ないというのは、世間一般の人にとっては「じゃあ何のために購入したのか?」なんて言われて、理解されることはないでしょうが、まあ、この手の計算尺を使う状況がないので、ずっとこのままにしておきましょう(笑)
Nop263


| | | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »