« コンサイス金属重量計算器 | Main | J.HEMMI No.2 後期型 »

November 30, 2007

コンサイスNo.260 一般及高校生用

Concise260 コンサイスの円形計算尺の中でも両面型のものは現在ではNo.270NとNo.300の2種類に集約されてしまいましたが、以前はNo.260,270,271,280,300の5種類がカタログ上に存在しました。その中で特に「一般及高校生用」と区分されていたのが今回のNo.260になります。直径が9.6センチと重量計算器よりさらに一回り小さい円形計算尺です。両面型としてはボトムラインのモデルですが、それでも両面で10の尺度を揃え、表面からD,C,CI,A,K尺、裏面はD,S,T,S&T,L尺です。円形計算尺ゆえにずらし尺がありませんし、LOGLOG尺が省かれていますので、HEMMIの両面計算尺でいうとNo.250相当というところでしょうか。目外れが無く連続して数値を読みとれることが最大の特徴である円形計算尺ですが、実は円形計算尺は尺の配置する位置によって基線長、つまり精度が異なります。大抵はメインに使用するC,D尺が一番外周に配置されるようです。実際にはNo.260のC,D尺の基線長が約26.2センチですからC,D尺は10インチ計算尺並の精度がありますが、一番内側のK尺は基線長おおよそ16センチですから6インチ尺程度の精度しかないことになります。ここら辺が円形計算尺のウィークポイントで、この特性を良く知っていないと連続計算に於いて検定試験で要求される読み取り誤差並の精度に納まらない可能性があります。個人的にはこの手の円形計算尺が好きではなくどうも答がどこに出ているのか咄嗟の判断に迷うというのがその理由です(笑)また、何の引っかかりもないので、内側のディスクは指先のフリクションで回すしかなく、乾燥症の当方には微妙な調整が難しく、結果的に直線計算尺より計算速度が落ちてしまうというのも敬遠の理由ですが、金属素材の計算尺であればこういう心配も無いのですけどね。しかし、円形計算尺には基線長を20インチ程度にした高精度のものがなぜ無かったのでしょうか。操作性だけの理由で巨大なのですが、ラリー計算尺・通称「円盤」は基線長が約63センチ位あったのですけど、このラリー計算尺の直径23センチの円盤となると当然ポケットには入りません(^_^;)         

| |

« コンサイス金属重量計算器 | Main | J.HEMMI No.2 後期型 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コンサイスNo.260 一般及高校生用:

» 消費者金融比較【金利で選ぶ低金利ランキング】 [消費者金融比較]
【金利で選ぶ低金利ランキング】 [Read More]

Tracked on November 30, 2007 10:36 AM

» 山本梓の私生活。乱れた男性関係 [芸能界の噂]
山本梓の自由奔放な男性遍歴には、事務所も頭を悩ませるほどらしいです。 流出した画... [Read More]

Tracked on November 30, 2007 11:26 AM

« コンサイス金属重量計算器 | Main | J.HEMMI No.2 後期型 »