« 東芝刻印のHEMMI No.30 | Main | RICOH No.155 経営管理用計算尺 »

September 13, 2010

HEMMI No.34P(戦前品)

 個人的にはあまり短いサイズの計算尺は好みではないので、積極的にオクに参加することは珍しいのですが、今回は10インチ両面尺との抱き合わせでたったの100円で入手した5インチポケット尺が意外と見かけない計算尺でした。形式を示す刻印がありませんが、おそらく昭和10年前後のHEMMI No.34Pとかいう5インチのポケット尺だと思われます。この5インチのNo.34ファミリーは逆尺を備えるものやπ切断のずらし尺を備えるものなどがありましたが、No.34RKは昭和40年代に入ってもそのままの様式で作り続けられていました。そのNo.34ファミリーの中でNo.34およびNo.34Pは表面にA,B,C,D,の4尺があるだけで、滑尺裏には三角関数も何も刻まれていないブランクの状態になっています。おそらく乗除算に特化した計算機代わりのものだったのでしょう。しかし実際には後の中学校用計算尺にだって滑尺裏には三角関数や対数尺が刻まれています。そのため、滑尺裏がまったくのブランクのNo.34は戦前のある一時期に作られただけです。ちなみに昭和11年から16年頃までのカタログプライスはまったく変化なしの3円で、滑尺裏にも目盛りがあるNo.34Tは3円50銭、逆尺付きのNo.34Rが4円、π切断づらし尺のNo.34πが4円50銭、逆尺K尺付きのNo.34RKが5円という価格になっています。このような価格の違いがありますが、この価格差でわざわざ廉価版のNo.34Pを購入する人間が少なかったようで、戦前のNo.34ファミリーではその殆どがNo.34RもしくはNo.34RKで、廉価版のNo.34Pは逆に稀少尺の一本かもしれません。
 入手先は福岡からで、一緒にセットになっていたのは何とK&Eの4088-3です。元の持ち主の氏名が彫られていたため、No.34PとK&Eの4088-3は双方とも同一人物の所有だったことがわかりました。また職場が「住友金属名古屋軽金属」などとうっすらと読めましたので、航空機用の軽金属の研究でもしていたのでしょうか。あまり見たことのない上質の皮ケースが付いていましたが、皮ケースに入れっぱなしになっていた割には裏面のアルミ板の腐食も殆ど影響無く良い状態です。また前所有者の好みだったのか3本線カーソルに交換されていました。このカーソルは戦後のものかもしれません。
 なお、このNo.34Pには裏側に不要な副カーソル線窓が開いていてちゃんと透明セルロイドが嵌っているものと、裏板が専用の窓無しになっているものと2パターンのバリエーションが見られるようです。どちらが古いのかはわかりませんが、不要なセルをはめ込むコストも手間も馬鹿にならないので、裏窓無しの専用裏板になったのが後期型、セル窓付きが前期型と見るのが正しいのかも知れません。
Hemmi34p
 HEMMI No.34P(戦前品)表面拡大画像はこちら
 HEMMI No.34P(戦前品)裏面拡大画像はこちら

| |

« 東芝刻印のHEMMI No.30 | Main | RICOH No.155 経営管理用計算尺 »

Comments

ジェイカンさん、お久しぶりです。小生現在海外で読んでいます。日本は日が変わりましたが、こちらは夜九時過ぎです。とはいえ、停電で、扇風機は回らないわで汗だくだく、手元はこの国ならではの、充電式小型卓上蛍光灯で照らしながらの打ち込みです。

さて、34P小生も一本所持しています。小生は4、5、6インチが結構好きです。ポケットから出してサッと計算するのにあこがれたからでしょうか。

34PのPはプラのPかと最初は思っていました。そうではなく、廉価版というか普及版のPですね。カメラで言えば戦後ですがキャノンPがありますね。ポピュレールのPですから同じではないかと思います。

34Pの割り切り小生は潔くて好きです。因みにスレ違いですが、150の細身も大好きです。
細身と言えば、日本刀の元服式に用いる刀身は実用ではなく、式典用で細身ですね。これも美しいものです。

では失礼します。

Posted by: YOSHI | October 02, 2010 12:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference HEMMI No.34P(戦前品):

» 軽金属学会秋期大会 [宿泊案内]
軽金属学会第119回秋期大会のご案内 軽金属学会秋期大会の宿泊 会場(長岡技術科学大学) の近くのホテル・宿 軽金属学会秋期大会について 【HP】   http://www.jilm.or.jp/ 【日程】  2010年 11月13 日(土) − 11月14日(日) 【会場】  長岡技術科学大学 【住所】  新潟県長岡市上富岡町 1603-1    【電話】  0258-46-6000(代... [Read More]

Tracked on September 15, 2010 10:23 PM

« 東芝刻印のHEMMI No.30 | Main | RICOH No.155 経営管理用計算尺 »