« 初代SONYウォークマンTPS-L2の時代 | Main | IC-551ついに壊れる »

June 01, 2013

HEMMI No.40RK 練習用計算尺

 当方のコレクションには今までなぜかHEMMIのNo.40RKがなく、というのも戦前のNo.40とかNo.47なら2本ずつあるのですが、戦後のNo.40RKにはなかなか食指が動かされなかったのと、意外にNo.40RK自体が見つからなかったのがいままで欠落していた原因です。また昭和30年代の末期からプラスチックの一体型カーソルに変わり、妙に安っぽくなってしまったのが嫌いでいままで避けていたのかもしれません。ところが今回は3本まとめて入手した計算尺の中に30年代中期の金属枠カーソル付きの40RKが一本含まれていたので、やっとコレクション入りしました。
 戦前10インチ練習用計算尺でスケールがなくスクエアの断面の裏面がニス塗りのNo.40にCI尺K尺を加えて戦後に発売したものがNo.40RKですが、日本の教育用計算尺が戦時中のNo.2640を以って8インチサイズに固定化(教科書からはみ出さないサイズと言われています)してしまったため、日本の教育用計算尺としてはオフサイズになってしまったためか、学校納入品からは外れてしまい、製造数の殆どが輸出に回ったようです。特にフレデリックポストのNo.1447として昭和40年代まで長期間にわたり輸出されていました。アメリカではK&EのベストセラーNo.4053-3同様に計算尺のスタンダードとして初心者からベテラン技術者の日常尺用途まで広く使用されたようです。
 ところで5インチポケット尺のNo.34系列は戦前すでにCI尺K尺を備えたNo.34RKというのが発売になっていましたが、No.40のRK化は戦後まで待たなければいけませんでした。その理由はNo.40は戦前より輸出主体の生産で、戦争直前にアメリカ向けの輸出が止まってから後はNo.40RK化する意味がなくなり、戦後の輸出再開までCI尺K尺の追加が見送られたということのようです。そうするとどうやらNo.34のRK化完了から戦争を挟み、10年掛かってやっとNo.40のRK化が完了したことになります。
 神戸から入手した3本の計算尺の中の1本No.40RKは刻印がJGですから昭和34年7月製。一ヶ月早かったら当方の生まれ月の計算尺ですが、残念ながら未だ生まれ月の計算尺は持っていません。ケースは緑の貼箱で、昭和34年ですから旧タイプの小ロゴ型押しです。このNo.40RKはサンプルが少ないので断言は出来ませんが、昭和37年頃からNo.45kなどと同様にカーソルがオールプラスチック製に変わりますので、この時代の金属枠カーソルのほうが計算尺らしくていいと思います。このNo.40RKは上カーソル溝にカーソル脱落防止が施されており、これはアメリカからの要望だったのでしょうか。プラカーソルになってからカーソル脱落防止の仕組みがあるかどうかは確かめていません。後年のNo.40RKと比較するとゲージマークはもとよりCとπしかありませんが、πの形がこのJGはいわゆる「釣り針足」の旧型です。またK尺の10,100,1000の表示が旧型はすべて1と刻まれているのに、プラカーソル付きの新型はちゃんと10,100,1000と刻まれています。またこのJG刻印の個体はアルミの裏板が古いダブルスター時代のRelay片面尺のように弁当箱みたいな黄色いアルマイト加工を施した板が使用されていて、HEMMIではこの黄色い裏板がなぜか昭和34年ものだけに存在します。うちにもNo.64を初めとして何本か黄色い裏板のHEMMI片面尺がありますが、なぜ昭和34年物に限ってアルマイトの弁当箱のような黄色い裏板が存在するのか、No.250の黒金具同様にひとつの謎です。本来純アルミ板にしないと貫通したピンを通して電位差を生じ、腐食の原因になるはずなんですが、材料屋が間違って材料をシュウ酸第二鉄アンモニウム溶液に漬けたのか、実験的にこの年だけ一部の裏板に使用したのかわかりません。
Hemmi40rk

| |

« 初代SONYウォークマンTPS-L2の時代 | Main | IC-551ついに壊れる »

Comments

刻印QBの40RKを入手しました。プラスチックカーソルです。

上尺の脱落防止の加工がされています。

Posted by: ぐゎんかい | March 07, 2014 04:12 PM

スケールではなくカーソル
製造年月刻印見つけました。oc かな?
あまりに小さく、老眼の身にはつらいですね。

Posted by: 原伸一 | October 16, 2013 08:26 PM

No40RKを持っているのですが、刻印が見当たりません。どのあたりにあるのでしょうか?
ちなみに箱は赤、スケールはプラスチックです。
>>プラカーソルになってからカーソル脱落防止の仕組みがあるかどうか(ある!上カーソル溝が先端に行くに連れ、浅くなる?)

Posted by: 原伸一 | October 15, 2013 10:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference HEMMI No.40RK 練習用計算尺:

« 初代SONYウォークマンTPS-L2の時代 | Main | IC-551ついに壊れる »