« FUJI  No.1280 高級技術用 | Main | 正体不明の理研計算尺(IDEAL RELAY No.100?) »

August 02, 2014

藤野式計算器No.2551一般計算用(乗除用)

2551  藤野式計算器というのは大正6年ころから戦時中までに発売されていたわが国における円形計算尺の嚆矢で、一般計算用のほかは金属重量計算器およびマニシストコンピュータ(工作時間計算器)が発売されていました。コンサイスの計算尺が戦後にこの藤野式を元に製造されたことはコンサイスの説明書に記載されているとおりです。この藤野式計算器はすべて金属製で、銀座の玉屋商店が解説書などを出しているところを見るとどうやら玉屋を通じて発売されたか、藤野式の特許をもとに玉屋商店が関係工場に製造させたのではないかと考えます。藤野式の中でも世の中に一番残っているのは金属重量計算器で、逆に一度も目にしていないのがマニシストコンピュータですが、それにしてもこの10年でオークション上で目にした数は全種類を合わせても20点を上回る数字ではありません。
 不思議なことに一般計算用の藤野式No.2551には同じ型番にもかかわらずまったく書体が異なるものが存在し、片や「一般計算用」、片や「乗除用」と用途表示まで異なったものになっています。一般計算用の書体が大様な装飾文字風で製造番号という書体が大きなものなのに対して、乗除用表示のものが明朝っぽい筆記体で製造番号の書体が小さいというようになっています。相対的にも後者の書体のほうが級数が小さくなっていますが、エッジングで入れられたであろう目盛りや文字は後者のほうが深く刻まれているような気がします。これらに対して金属重量計算器のほうは全製造期間を通じて同じ仕様で製造されているようです。ところが改めて過去のオークションに登場した藤野式のNo.2551を検証すると「一般計算用」表記と「乗除用」表記のほかに「乗除算用」と表記されたものがありました。そうすると藤野式のNo.2551は刻印違いで3種類存在することになります。なにせ今の世に出てくる数が少ないので手元でじっくり見比べて違いを詳細に比べるわけにもいきません。一ついえることは、以前「横志空9190」のスタンプと本体に錨の刻印が入った明らかに旧海軍航空隊備品の藤野式No.2551が出てきたことがあり、そのことから昭和10年以降のものと推定できますが、この藤野式の刻印が「乗除算用」になってましたので、おそらくは古い順に「一般計算用」「乗除用」「乗除算用」ということになるのでしょう。金属重量計算用に変種が見当たらないのに一般計算用だけになぜ変種が3種類もあるのかが不思議です。大正8年玉屋商店発行の藤野式計算器の解説書のなかのNo.2551は書体の大きな装飾文字風の「一般計算用」でした。今回秋田から入手した藤野式計算器No.2551は、相当使い込まれたもので、「乗除用」表記なので3種あるタイプの中の中期型にあたるものです。真ん中の要のかしめは緩み、内側の円盤はべこべこにゆがんでいました。でもまあ、、まったく使われないで仕舞い込まれた計算尺よりも、ここまで徹底的に使われるのは計算尺にとっても本望でしょう。この藤野式No.2551の直径は9cmで基線長25cmに若干満たないのですが、そこに刻まれているのは1-10,000の4乗尺のため、そのままだと計算精度たるやまともな答えが出るものではありませんが、そこは臨機応変に桁の数を読み換えて使用し、必要な精度を確保するというものなのでしょうか。
 そういえば金属重量計算器カテゴリーの藤野式の中には「金属重量計算器」としか刻印の無いノーブランドの明らかに藤野式コピー品と思われる円形計算尺も存在し、藤野式はボール紙の箱にパラフィン紙に包まれた状態で販売されていたのに対してこちらのコピー品はガリ版刷りの簡単な使用説明がついた粗末な紙袋に入れられたものを見たことがありますが、他にも刻印違いのノーブランド重量計算器を見たことがあるので、藤野式重量計算器の特許失効後はコピー品が複数売られていたのかもしれません。


| |

« FUJI  No.1280 高級技術用 | Main | 正体不明の理研計算尺(IDEAL RELAY No.100?) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 藤野式計算器No.2551一般計算用(乗除用):

« FUJI  No.1280 高級技術用 | Main | 正体不明の理研計算尺(IDEAL RELAY No.100?) »