« エアコンスターダクトメジャー(コンサイス製) | Main | OPAL 8X30MM 7.5°Zタイプ双眼鏡(オパル光学) »

November 18, 2018

NEPTUNE 8x30mm 7.5°Zタイプ双眼鏡(大宮光学機械)

Dvc00307
 NEPTUNEブランドの8x30 7.5° CFの双眼鏡です。以前にメーカーの手がかりがなくておそらくは板橋光学機械製造のものではないかと指摘した8X30 7.5 IFとは異なり、こちらは昭和34年以降に組み立てられた輸出用双眼鏡で、メーカーコードはJ-B11の大宮光学機械で製造されたものでした。ダイキャストもJ-E11ですからこの双眼鏡は組立も本体も双方とも11番という珍しい組み合わせになっています。
 大宮光学機械は昭和29年4月に練馬区の仲町に設立された純粋な輸出双眼鏡組立の会社です。国内向けの双眼鏡はあまり無かったようでわずかにカートン光学OEMがあったことはわかっています。この双眼鏡は世田谷区の当方より一回りくらい年配の方の家にずっとあった双眼鏡だそうで、なんでも教師をされていた父君の旧制中学時代の教え子が「うちの会社でもこのようなものが作れるようになりました」とわざわざ自慢げに持って来てくれたのがこのNEPTUNEブランドの双眼鏡だったそうです。最初からむき出しの本体しかなかったので、あとで近所の眼鏡店から双眼鏡のソフトケースを購入してそれ以来の長い間、家の唯一の双眼鏡として長年活躍してきたそうです。その双眼鏡が家にやって来たのが昭和34年か35年とのことなので、当方の製造時期の見立てとも完全に一致しました。
 当時、双眼鏡組立は儲かるというので板橋の周辺に雨後のタケノコのように多くの双眼鏡組立業者が乱立し、それに従い手間賃が安くても仕事を欲しがる業者のダンピングと買い付け業者の買いたたきなどがあり、体力の無い輸出双眼鏡組立業者の倒産・廃業が相次いだ時期です。そのため、輸出向け双眼鏡の製造業は中小企業等調整法とかいう町の清涼飲料業者と同等の扱いで特別に輸出双眼鏡製造組合の下で生産数の割当と価格カルテルが独占禁止法除外されていて、さらには組合が双眼鏡を買い上げて輸出業者に渡すというシステムが出来上がったころの製品らしいのです。しかし、この目論みは各社が製造した製品を組合がさばききれない程抱えた事や、組合に属さない業者が自由生産を続けた事から早々に破綻したようですが、輸出双眼鏡はその組立た製造元とダイカストを収めた会社を明確に示すためあらかじめ割り当てられたJ-BコードとJ-Eコードを刻印することとなっていました。この輸出双眼鏡のメーカーコードは昭和44年に廃止されたそうですが、それ以降もずっと自社のコードを付しているメーカーもありますし、逆に国内向けの双眼鏡には刻印する義務がなかったため、昭和44年以前の双眼鏡でもまったく刻印がない双眼鏡も多く、さらにユニオン光学のように顕微鏡が本業で、輸出双眼鏡製造組合には参加しなかったメーカーなども何社かあるようです。
Dvc00306 この大宮光学機械製のNEPTUNE双眼鏡ですが、まだまだ全体的にはコストダウンのしわ寄せは来ておらず、さらに部品の寄せ集めで左右のコーティングが異なっていたり、本来合わない部品を無理に調整で合わせてあるようないい加減な双眼鏡ではなく、かなりしっかりした作りの双眼鏡だという印象を受けました。上と下の陣笠の素材も両方とも金属で、ネジを締め上げると割れてしまうような安物ではありません。また、接眼レンズの口径が大きくてあたかも広角双眼鏡のように見えますが、ごく普通の8X30mm双眼鏡でした。
 FULLY COATEDとありますが、接眼側のプリズムにはコーティングがあるものの対物側のプリズムはノンコートのようです。筐体内部は反射防止の黒塗装はさすがに省略されていて黒染めでお茶を濁しているのが不満ですがまあ輸出用で当時は価格が決められていた中ではよくまとまっている双眼鏡です。対物レンズ接眼レンズともにマゼンダ掛かったシアンのモノコートです。片方の対物レンズにスポット的なバルサム切れが何カ所か生じています。
 ただ、分解前に遠くの送電線に先端を覗いてみたらきれいに左右に離れて見えていたので、届いた時点で視軸が合っていなかったのですが、レンズおよびプリズム洗浄後に組み立てる、エキセンリングで調整を図るも修正しきれず、プリズムはタガネで固定されていて上下左右にまったく動かす余地がなく、現在は保留中です。ただ、視軸が合っていない状態で片方ずつ目標物を覗いてみてもあまり結像が良いとはいえませんでした。対物側プリズムに錫箔による修正が2箇所ありましたが、どうも修正しきれていないような感じで、左右おのおのの光軸が合っていないような気がします。感覚としてはアウトフォーカスから合わせようとしていっても焦点が合いそうで合わなく、シャープなピントが望めない状態で、もしかしたら員数外部品かき集めて双眼鏡を一台でっちあげ、恩師の所に手土産として持参して来たということでしょうか。まあ製品状態だったらケースもキャップもなしってことは無かったと思いますが。

|

« エアコンスターダクトメジャー(コンサイス製) | Main | OPAL 8X30MM 7.5°Zタイプ双眼鏡(オパル光学) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference NEPTUNE 8x30mm 7.5°Zタイプ双眼鏡(大宮光学機械):

« エアコンスターダクトメジャー(コンサイス製) | Main | OPAL 8X30MM 7.5°Zタイプ双眼鏡(オパル光学) »