« Vixen 6-12x32mm BL型ズーム双眼鏡(遠州光学機械) | Main | 東亜光学Comet7x18mm7°M型双眼鏡 »

December 23, 2018

SUPER FUJI 7x35mm11°BL型双眼鏡(大塚光学?)

Dvc00384 珍しいSUPER FUJIブランドのBL型7x35mm 11°の超広角タイプの双眼鏡です。SUPER FUJIの双眼鏡製造元は2流の輸出用双眼鏡メーカーと認識していましたが、こんなりっぱな双眼鏡まで作っていたのかと一瞬感心してしまいました。
 ところがこのメーカーは通常30mmと50mmのZタイプの双眼鏡しか作っておらず、既成の部品を集めて組み立てることしかしていなかったため、怪しいと思ったら案の定この双眼鏡はどうやらその形状からして大塚光学もしくは鎌倉光機のOEMのようです。どちらかというと大塚光学の方が近いような感じで、このままDia Stoneの商標が付いてもおかしくないような双眼鏡ですが。
 それでSUPER FUJIの製造元ですが、今の所は大宮に工場を構えていたJB19のコードを持つ不二工芸社が怪しいのではないかと思っています。不二工芸社は昭和28年8月に渋谷区内で創業し、後に大宮に工場を構えるのですが、昭和40年初期には従業員100名以上を抱える双眼鏡組立業の会社としてはかなり大きな会社だったようです。昭和40年の従業員規模からすると鎌倉光機や大塚光学の1.5倍、日吉光学の実に3倍程の規模の会社でしたが、双眼鏡だけではなくレンズシャッタ−式カメラの組み立ての外注でも請け負っていたのでしょうか?
Dvc00383 国内向けのSUPER FUJIブランドの双眼鏡はいうに及ばず、アメリカにもかなりの数が出回っているようなのですが、面白いことに輸出向けの双眼鏡は正直なスペック表示なのですが、国内向けの双眼鏡は一貫して倍率詐称双眼鏡だったようです。たとえば8x30mmの双眼鏡はすべて12x30mmに、9x35mmの双眼鏡は15x35mmに、7x50mmは12x50mmにという感じです。また国内向けのOEM生産させたものにまでこの基準を要求していた節があり鎌倉光機のOEMらしきBL型9x35mmが15x35mmの6.5°表示になっていたものもあるようです。いったい15倍の双眼鏡で見かけ視界が90°ってどんな双眼鏡でしょう(笑)
 そういうポリシーの会社ですが、さすがに超広角双眼鏡の倍率を水増しするのは違うとでも思ったのか、このBL型はSUPER FUJIにしてはまともなスペック表示です。また、高級品イメージを印象づけるためか、普通は白のロゴですがこの双眼鏡には金色で色埋めされています。おそらくSUPER FUJIではBL型の自社生産は行われなかったようで、こちらはJBナンバーこそ未発見ながらパーツ構成からして鎌倉光機ではなく大塚光学のOEMだと思われます。時代は昭和40年代半ばくらいに遡ると思われ、その根拠としては段ボール芯に革もどきの擬皮紙を貼付けたものながら飯盒型のケースが付属していたこと。接眼レンズが後の大塚光学製超広角双眼鏡のものと異なり純粋なエルフレタイプらしく、光機舎の昭和40年代の超広角双眼鏡同様に極端にアイリリーフが短い大目玉の接眼レンズが付いていたことによります。この接眼レンズは真ん中が3枚合わせの3群3枚構成ですが、後の超広角双眼鏡は鎌倉光機にしても大塚光学にしても両端が2枚合わせで真ん中が単レンズの3群3枚構成の接眼レンスに変わり、ここまで大目玉の接眼レンスは使用されなくなります。それに伴い視界周囲の収差もだいぶ軽減され、像面解像度も均一化されたと思いますが、この双眼鏡はKenkoブランドの光機舎7x35mm 11°BLタイプに近い見え方でした。
Dvc00382 北海道札幌からやってきたこのSUPER FUJIは経年で内部のグリースの揮発性分が蒸発し、ややプリズム面に曇りがある以外はカビも視軸の狂いも無くそのままでも使用に耐えないことはないレベルの商品でした。そのためまだ分解はしていないものの、対物側から内部を見た感じではややテカリが気になるもののちゃんと反射防止塗装が施され、対物レンズ筒には割りと長めの遮光筒がはめ込まれています。ただし光機舎の同タイプのようなプリズムの遮光カバーは使用されておらず、これは遮光筒で済ませてしまたようですが、一概にどちらがいいのかはわかりません。コーティングは全ての面がシアンのモノコートのようです。重量はストラップ抜きで840gと光機舎の同タイプよりも100g以上軽量ですが、世代の新しい鎌倉光機のFocalブランド7x35mm11°の700gにはかないません。
 遠くの送電線鉄塔を覗いてみた感じではエルフレ独特のコントラストがやや甘い感じながら中心部の解像力はさほど悪くなく、しかし周囲に行くに従い収差で像が湾曲するという同時代の光機舎の超広角双眼鏡に近い見え方で、同じ7X35mm11°の双眼鏡でも時代が下った大塚光学や鎌倉光機のものとは見え方が異なります。
 なんかDia Stoneの商標が付いた7x35mm 11°の双眼鏡のほうがうれしいような気もしますが、二流メーカーの商標が付いた実は一流品ということで、レア度は確かに大きいようです。でもTOYOTAの車にHYUNDAIのバッジが付いていてもちっともうれしくありませんが(笑)
 SUPER FUJIの双眼鏡は昭和50年代以降のプラスチック多用双眼鏡やズームの双眼鏡も見あたらない事からおそらくはドルの変動相場制移行による円高やオイルショックによる資材高騰により不二工芸社の企業活動停止かなにかで昭和40年代末まで残っていなかったのではないでしょうか?

|

« Vixen 6-12x32mm BL型ズーム双眼鏡(遠州光学機械) | Main | 東亜光学Comet7x18mm7°M型双眼鏡 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SUPER FUJI 7x35mm11°BL型双眼鏡(大塚光学?):

« Vixen 6-12x32mm BL型ズーム双眼鏡(遠州光学機械) | Main | 東亜光学Comet7x18mm7°M型双眼鏡 »