« アストロ光学8x30mm7.5°Z型双眼鏡(パルス光学) | Main | ワイズ複素数計算尺 Whythe Comlex Slide Rule »

January 31, 2019

星円盤計算器(STAR SLIDING DISK)No.120

Dvc00466 星円盤計算器(STAR SLIDING DISK)というのは昭和30年代に発売された円形計算尺らしく、数は少ないのにオークション上にとんでもない値段で出品されているものがいつもあるためか、あまり有り難みが感じられない計算尺です。とはいえ、ここ15年程でおそらく15点未満しか出品されていないため、レアな円形計算尺であることは確かです。 今回外箱、サックケース、説明書まですべて揃ったものを500円で入手。これが初めてのSTAR円盤計算器の入手になりました。 前々から感じていた事なのですが、このSTAR円盤計算器というのはオークションで出てくる地域がかなり偏っていて、北陸の石川、富山、新潟と長野あたりの出品が多いようで、九州や北海道などの末端からの出品がないことを不思議に思っていました。今回入手した商品が完全品で説明書も揃っていたためにその理由がわかりましたが、その製造元は富山県の富山市だったのです。製造元はスター円盤計算器製作所となっていますが、その説明書に稲垣測量器械店稲垣長太郎というスタンプが押されており、住所が同一なことからおそらくは両社は同一の会社でしょう。業態が個人商店であり、製造数もさほど多くはなく、その販売エリアが北陸周辺に限られたというのもわかるような気がします。富山は昔から製薬業が盛んな地域だということは知られていますが、その傍ら機械工業というのも中央から離れている地方にも関わらず盛んだったということは意外に知られていません。本江機械、後の立山重工業は産業用蒸気機関車を製造していましたし、不二越などは富山から発祥した世界的に有名な会社で、独自に考案した油圧計算尺がHEMMIからリリースされていたのはよく知られています。
Dvc00465 このSTAR円盤計算器の特徴としては製造側の能書きによると、(1) 中心軸と内輪の回転は金属と金属の回転であるから容易に摩耗しないこと (2) 使用材料はジュラルミン板及びビニール板であるから構造堅固であり永年の使用に耐える (3) 小型に製作出来るため携帯に便利である (4) 円形であるため計算能率を向上出来ること (5) 2乗、3乗、1/2乗、1/3乗、の精度が良いこと (6) 目盛が正確明瞭にして容易に摩耗しないこと (7) カーソルはアクリライト(風防ガラス)を使用しているから透明度よく破損のおそれがないこと となっていますが、「円形のため目はずれがない」が最大の特徴なのに「計算能率を向上出来る」とするのはいかがなものかと(笑)
 まあ能書きに述べられているようにこのSTAR円盤計算器だけが持ち、他のコンサイスなどの円形計算尺と最も異なる構造は真ん中に金属の円盤が入っていて裏面はこの円盤に接着されたピニールの三角関数尺、表面は金属の円盤をサンドイッチした形で外側の円盤は金属板に接着、内側の円盤が自由に回転するという構造になっています。そのため、コンサイスのビニール製円形計算尺と比べると金属板の部分だけ分厚く丈夫で、内側円盤の回転もスムースでした。
Dvc00464 このSTAR円盤計算器の型番はNo.120で主尺の基線長は10インチ。尺種は内側からカウントするようで、内側からL,CI,C,D,A,K,で裏面がtanとsinの3分割尺ならびにラジアンの尺が加わります。この時点では他に主尺の基線長が7.5インチのやや小振りなNo.250の2種類が用意されていたようですが、後に裏面がブランクで主にノベルティー用として広告スペースとしたNo.25と裏面にLL尺が加わってLog-Log 両面化したNo.1660が加わったようです。一連のSTAR円盤計算器はその構造が実用新案440028と意匠登録130076を取得したようで、昭和32年度の文部省教育用品審査合格品にもなっていたようです。
 しかし、学校現場では売価150円から200円の8インチ生徒用計算尺が普及しつつある時代に売価750円の円形計算尺が入り込む余地はなく、また製造元が学校等のまとまった数量の受注に対応できるほどの規模でもなく、さらに内田洋行などの有力教材商社と太いパイプを築き上げるには富山は地の利もなかったということもあり、北陸周辺でわずかに使用されただけで消滅してしまったということなのでしょう。入手したNo.120も金沢市内から出たものです。また、以前見かけたNo.25は裏面に富山市内の測量会社の広告になっていましたので、ノベルティー商品としても完全に身内の需要しかなかったということなのでしょう。
 でもまあこの構造の円形計算尺を大手の製造に任せず、個人商店レベルで作り上げたのは見事な事だと思います。

|

« アストロ光学8x30mm7.5°Z型双眼鏡(パルス光学) | Main | ワイズ複素数計算尺 Whythe Comlex Slide Rule »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 星円盤計算器(STAR SLIDING DISK)No.120:

« アストロ光学8x30mm7.5°Z型双眼鏡(パルス光学) | Main | ワイズ複素数計算尺 Whythe Comlex Slide Rule »