« 戦前HEMMI No.152 両面電気技術者用 | Main | HEMMI 8"片面砲兵計算尺 »

December 31, 2020

戦時中HEMMI No.2664の構造分析

 HEMMI計算尺のNo.2664は同時期に中等学校生徒用として誕生した8インチのNo.2640同様に、上級学校の旧制高等学校や工業高等学校生徒の教育用を目指して作られた計算尺です。しかし、学校教育の垣根を超えて事務用ビジネス用としての用途が広がり需要が高まりますが、戦争が激しくなるとともにアルミなどの金属資源が枯渇し、さらにバージンセルロイドではなく再生セルロイドなどを使用せざるを得なくなり、終戦を迎えるまで様々に構造を変えていった苦労が伺われる構造変更のパターンがいろいろ見受けられます。現在所持しているもの以外に末期のタイプが2パターンほど存在するようですが、備忘録的に手持ちのNo.2664でその変遷を記録しておきます。さすがにIdeal-Relayの戦争末期のような竹枠カーソルのものは見つかっていません。それは軍納、政府納のものがあったために軍需用として金属の特配があったのかもしれませんが、もしかしたら竹枠カーソルも用意しておきながら使用しないまま終戦になってしまったのかもしれません。

26641 Hemmi26641
 まずこちらが発売当初のオリジナルだと思われるNo.2664で便宜的にNo.1を振っておきます。L尺がハーフレングスの折返しで下固定尺のA尺に沿う形で設けられている、滑尺裏にL尺がなく、Tl尺SI尺が二分割というのは戦前からOCCUPIED JAPANになるまでの期間共通ですが、発売当初のNo.2664(No.1)はアルミの総裏板で副カーソル線窓はハーフオーバルの切り欠き。これは戦後のNo.2664からNo.2664Sに至るまでの共通仕様です。逆尺のCI尺記号とCI尺の数字すべてが赤文字で入っています。ケースは戦時中ですからすでにボール紙に黒の疑革紙を貼ったサックケースで、これが使用されているのが戦時尺の特徴でしょうか。裏側の真ん中に"SUN" HEMMI No.2664が刻まれています。裏板と尺をつなぐ鋲の数は片側6本です。 おそらく裏板はアルマイト処理が省略され、そのおかげで金属鋲による電位差で腐食することなく残っています。それは戦時中のNo.2664に共通しています。推定製造年度は昭和18年というところでしょうか。
Hemmi26642
Hemmi26642_20201231082801
  次のパターン、No.2664(No.2)は同じくハーフオーバル副カーソル線窓は同じなものの裏側には"SUN" HEMMIという商標しか刻印が入っていないもの。カーソル枠は鉄に変更になり、粗末なメッキ処理のためややサビが浮いているような状態です。でもまだこの時期にはアルミの総裏でCI尺とその数字は赤で入れるという余裕がまだあった時代です。ケースは漆黒ではなくやや紺色掛かったボール紙製サックケースに入っていました。固定尺と裏板をつなぐ鋲の数は片側6本と変更ありません。これも昭和18年あたりの製造だと思います。
Hemmi26643
Hemmi26643_20201231082901
 次のパターン、No.2664(No.3)はそろそろ工程数も材料も減らしに掛かってきた次期のパターンで、構造的にはポケット尺同様に裏板のセルロイド厚板を挟む構造を止めて、副カーソル線窓兼用の全長に及ぶ透明セルロイドとオーバル窓を打ち抜いたアルミ薄板の組み合わせのパターンです。このころから手間のかかる逆尺への朱入れもやめて尺も数字も真っ黒になり、いかにも戦時尺の様相を呈してきています。セルロイドの裏板が省略されたためか構造上やや細い鋲が増えて、片側13本になりました。このNo.2664(No.3)は後の時代のカーソルに交換されていましたが、当然鉄枠メッキカーソルが付属していのがオリジナルでしょう。ケースは戦前革サックケースに入っていました。下固定尺側面の左に"SUN"HEMMIの商標、右にNo.2664と形式が入れられたタイプです。製造は昭和19年に入ってからでしょうか。
Hemmi26644
Hemmi26644_20201231083001
 次のパターンNo.2664(No.4)ですが、こちらもオーバル副カーソル線窓のタイプですが、鋲が増えて結果的に工程が少なくならなかったことをあらため、アルミ板側から鋲を打つ形式に改めたもの。そのためかどうかはわかりませんが、アルミのセンター部分にパンチングで中抜きされています。鋲の数は片側7本に減りました。カーソルは鉄枠メッキカーソルです。No.3同様に下固定尺側面左右に商標と形式名が入れられるパターンです。このあたりからかなり表面に貼られたセルロイドが薄くなっていて、裏側の接着剤が波打って見えるほどに。実際に剥がしてノギスで厚さをしらべてみたいくらいですが、この個体かなり程度がいいのでもったいなくてそんな気になれません(笑)
こちらも製造は昭和19年頃だと思われます。
Hemmi
Hemmi_20201231083101
Hemmi_20201231083102
 次のパターンは裏板に使用するアルミの板も枯渇し、苦労して作り上げた末期型の構造なのですが、今の所手元にこのパターンのNo.2664が無いので同時期のHEMMI苗頭計算尺で代用します。裏側はセルロイドのオーバル窓が開いただけの裏板で固定尺をつないでいるのですが、これでは滑尺ギャップの調整が出来ないので、この個体は三ヶ所にハガネの帯を入れてバネのテンションを掛けている構造です。ただし、このハガネの板は固定尺と鋲で止まっているわけではなく、単に挟み込まれているだけのようです。カーソルは鉄枠メッキ。鋲の数は片側たったの4本と必要最低限で、まさにここまで追い込まれても計算尺を作り必続けなければいけないのかと痛々しさをひしひしと感じる構造です。
これはおそらく製造年が昭和19年末から終戦の昭和20年あたりの製品ではないでしょうか。

Hemmi26645
Hemmi26645_20210117103301
 このパターンNo.2664(No.5)は本当の物資枯渇期、おそらくは終戦直前くらいのもので、苗頭計算尺同様に裏側セルロイド板と鋼の板の組み合わせですが、鋼の板は裏側に回り、両端の2枚のみ。さらにセルロイドが極薄になり、接着剤の食いつきをよくするために竹の表面に施した鑢目がしっかり見えてしまうほどの物です。この鋼の板が後ろに回ったことも影響するのか、相当の握力の持ち主でもないと滑尺溝のギャップ調整は無理というもの。せめてセルロイド裏板の真ん中に溝でも施してくれればと思うのですが、すぐに裏板内側真ん中に溝が彫られたものが出たところで終戦を迎えたようです。なお、正規の長さのセルロイドが揃わないためか、セルロイドの裏板が左右2分割というものも存在します。カーソルは後年のものに付け替えられています。メーカー名及び型番は下固定尺側面左右に刻まれています。
2664
2664_20201231083201
 おまけは通称兵学校計算尺と呼ばれるNo.2664の簡易型。おそらくは政府関係官公庁専用だった感じで、それが軍の教育機関にも流れたのでしょう。ただし、陸軍の学校関係では砲兵以外の一般兵科に計算尺教育があった節はなく、そんな暇があったら地雷抱えて敵の戦車に飛び込む訓練にでも勤しんでいたのでしょうが、海軍はちゃんと兵学校にこの√10切断の新計算尺の教本が独自に作られていたのですから、海軍兵学校計算尺と呼んでも差し支えは無いと思います。こちらはオーバル副カーソル線窓のアルミ総裏で、固定尺側から鋲を打ち込むNo.3のパターンに近い構造の計算尺です。鋲の数も片側7本でそれはNo.4のパターンに近いようで、セルロイドもかなり薄くなって波打って見えるのもNo.4に近い感じです。ケースは黒のサックケースでカーソルは後年のものに換えられていましたが、オリジナルは鉄枠カーソルでしょう。こちらは製造が昭和19年末だと思われます

| |

« 戦前HEMMI No.152 両面電気技術者用 | Main | HEMMI 8"片面砲兵計算尺 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 戦前HEMMI No.152 両面電気技術者用 | Main | HEMMI 8"片面砲兵計算尺 »