« March 2021 | Main | May 2021 »

April 24, 2021

HEMMI 機械試験所式工具寿命計算尺

 HEMMIの機械試験場式という形式名がなくタイトルだけが付いた5インチ両面計算尺です。これ、ATOMさんのコレクションか何だかPaul Rossさんのところに掲載されているくらいしか知られていない大変珍しい計算尺だったのですが、3年ほど前にまとめて何十本もの未開封品が出てきて一気に普遍化しました。ただ、その時に出てきた計算尺は倒産して民事再生法手続きを受けた本間金属工業という新幹線の車輪削正機械などを一手に手掛けていた機械メーカーのノベルティーで、何らかの財産整理で市場に出てきたものだと思いますが、今回入手したものは無印の市販計算尺です。機械工具の切削バイトなどの工具寿命に特化した計算尺に類するものだと思われます。機械試験所というのは当時の通産省工業技術院傘下の産業機械技術の試験研究に携わる国の機関で、メイドインジャパンの工作機械が欧米の工作機械の水準に並ぶことが出来ず、そこから生まれる製品が安かろう悪かろうの時代からメイドインジャパンが耐久性信頼性の代名詞になることをけん引していった組織です。昭和46年に通産省工業技術院機械試験所から機械技術研究所に名称変更し、昭和55年には東京の杉並区井草からつくば学園都市に移転。そして現在は独立行政法人の産業技術総合研究所の一組織になっています。40年ほど前に当時学芸大学駅近辺に住んでいた知り合いの父親が機械技術研究所の技官で、確かつくば移転直後くらいに定年で退官したはずですが、けっこう海外への出張などが多かった人でした。専門分野が何だったかは聞いていませんが「パリの町は小汚くて、まず店のシャッターを開ける前に大量の犬の糞を掃除する」などというフランス出張のときの話だけを妙に覚えています。まさかこの計算尺の設計に係わっていたわけではないでしょうけど、そんな機械試験所との関りが少しだけあるということです(笑)
 少し以前に三菱金属の切削計算尺について書いたときに本気でHEMMIが切削計算尺を作ったことがなさそうだというのは誤りで、自社設計ではないもののこういう計算尺を作っていた事実は特筆ものでしょう。しかもNo.149Aと同じ形のポケット型両面計算尺という付加価値もあり、これが昭和45年以降の新規製造ならば、おそらく山梨に丸投げされてコストの安いNo.P35Sのようなプラスチック製両面計算尺になってしまったはずです。説明書によるとこの計算尺の目的はやはり「生産工場に置いて所定の材料に旋盤加工を施すに際し、どの程度の切削条件を選ぶべきかの目安をうるためのものである。本計算尺の基をなす方程式は長期に渡り機械試験場において実施してきた切削作業超順の設定に関する研究で得られた結果を最大公約数的に丸めたものである。したがって総ての場合に厳密に適合するものではなく、あくまでも第一近似的目安を与えるものであり、その値を出発点とし、生産途上でこれを理想的に近づけることをたてまえとする。そのためになるべく簡単化して使いやすいように心がけた」とあり、より正確な切削速度などを得るためにはやはり各工具メーカーで出している専用切削計算尺のほうがより有効なのでしょう。本計算尺の適応範囲というものが記されていてそれによると1.作業の種類:旋削加工 2.工具の種類:超硬合金 3.切削材の種類:鋼系(オーステナイト系ステンレス及び耐熱鋼を除く)及び鋳鉄系とあります。
尺度は表面がT,N,K2/V,[K2/DΦ,CI,C,]D,A,Lの9尺このうちN:主軸回転数(rpm) V:切削速度(周速)(m/min) DΦ:工作物の直径(mm) T:工具寿命(min) K1:毎分あたりの直接人件費+経費(作業員及び補助作業員の人件費+設備保全費+動力費+償却費+保険費等)(\/min) K2:工具一刃当りの工具費(工具価格/廃却まで使用できる総切刃数〈または廃却までの総研削回数〉+1切刃あたりの工具ホルダー償却費+1切刃当りの再研削費+1切刃当りの工具交換費)、ここに工具交換費は(毎分当りの直接人件費+経費)×工具交換時間(min)であるとあり、工業簿記の素養があって原価計算などの業務に精通している人ではないとなんのことだかさっぱりわからないかもしれません。
 裏面尺度は赤字でδB2(鋼),青字でδB1(鋼),HB(鋳鉄),[fH,fδ2,TH.Tδ2,]VH,Vδの計8尺です。このうちfδ2(赤字),fδ1(青字):一回転当りの送りで、鋼計の場合のみに用い、それぞれδB2(赤字…送り0.2mm/rev以上の場合)尺とδB1(青字…送り0.2mm/revより小さい場合)尺を使用した場合に対応する(mm/rev)、TH:工具寿命で、鋳鉄系の場合にのみ用いる(min),Tδ2(赤字),Tδ1(青字):工具寿命で、鋼系の場合のみに用い、それぞれfδ2(赤字)尺とfδ1(青字)尺を使用したときに対応する(min)、VH:鋳鉄系の切削速度(m/min),Vδ:鋼系の切削速度(m/nin) だそうですとしか言いようがありません。
 実際にこの機械試験所式工具寿命計算尺が届いて驚いたのは、なんとNo.149Aなどと違って、本体がプラスチック製だったことです。もちろんのこと固定尺をつなぐブリッジは金属製ですし、カーソルもNo,149Aと変わらないのですが、こういう少数生産の特殊尺は当時から山梨丸投げOEM生産だったのでしょうか?入手先は千葉県内でデートコードは「RI」ですから昭和42年の9月の製造ということになります。残念ながら革のサックケースが欠品でした。

Photo_20210424134501
Photo_20210424134601

| | | Comments (0)

April 12, 2021

RICOH No.550S 5インチ両面型一般技術用

Ricoh550s_20210412103901  Relay/RICOHのポケット型両面計算尺の製造はHEMMIよりもかなり時代が遡った昭和20年代後半のリレー産業時代ダブルスターリレーNo.550までさかのぼります。当時の日本では片面尺の5インチ両面計算尺というものがなく、当時のことゆえに10インチの両面計算尺さえ個人ではなかなか手を出すことができないほど高価で、さらにサブユースの5インチ両面計算尺まで携帯用に購入するという需要がまだまだなかったのでしょう。この☆Relay☆のNo.550もアメリカのバイヤーからのアイデアで製造が始まったものだと理解してます。
 そのNo.550ですが、のちの5インチ両面尺のスタンダードとなった等長型の、いわゆるFaber-Castelスタイルではなく、10インチの両面尺をそのままのスタイルで縮小したK&Eスタイルのものです。K&Eスタイルの計算尺は5インチ化してもけっこう大ぶりになるのは否めなく、のちのNo.551ではちゃんと固定尺滑尺が等長化したFaber-Castelスタイルになりましたし、他のプラ製ポケット型両面計算尺もほとんど等長型が主流でしたから、国内では珍しい存在のポケット型両面計算尺になります。
 No.551の前身のNo.550はダブルスターリレー時代の昭和20年代末期にすでに輸出が始まっていますが、意外にOEMで相手先のブランドになっているものが少ないようで、当方の知る限りではENGINEER'SのNo.5500あたりくらいしか見つけられません。そのうちHEMMIからフルログログデュープレックスのNo.149が昭和34年ごろに出てきたことから陳腐化し、No.550Sにモデルチェンジするとともにフルログログ化したNo.551につながるわけですが、このRelayNo.551はNo.550と異なりかなりの相手先名ブランドが多いことで知られています。
 というのも5インチ両面尺としてはNo.550が17.6cmあるのに対しHEMMIのNo.149は固定尺滑尺同長のNo.17cmに納まっています。この0.6cmというのがポケット尺においては意外に取り回しに影響し、必然的にケースも大きくなってしまうことと、アメリカあたりでは10インチの両面尺を革のケースに入れてベルトからぶら下げるなんて使い方も厭われなかったためか、中途半端なポケット型両面計算尺などあまり相手にされなかったというのがOEM製品が少なかった原因でしょうか。
 そのNo.550SはNo.550にCIF尺とDI尺が加えられたものでSはHEMMIでいうところのSPECIALのような意味合いでしょうか。尺度は表面がDF,[CF,CIF,CI,C,]D,L,で裏面がK,A,[B,S,T,C,]D,DI,と普通に使うのに必要なものはすべて含まれているのですが、No.149AやNo.551と比べてしまうとちょっと見劣りがしてしまいます(笑)
 またこのNo.550Sのカーソルランナーはネジが結合するスリーブとの肉厚が非常に薄く、この個体はヒビが入っていてそれが原因でカーソルを押し出し、ネジが一本抜けて欠品でした。デートコードは「SS-8」なので昭和45年8月佐賀製。Relay/RICOHの5インチ両面計算尺はNo.551が主流になったあとも、どういう需要があったのかよくもまあここまで長く作り続けられたものですが。

Ricoh550s_20210412101401
Ricoh550s_20210412101402

| | | Comments (0)

April 10, 2021

鋼板重量計算器 (コンサイス製)

Photo_20210410100101  板金加工のシヤリングというとストーブ煙突の曲がりのようなギザギザを施して鉄板を曲げる加工のイメージがあったのですが、実際は鋼板などをシヤリングマシンという機械で鉄板に刃物を押し当てたり、ガスやレーザーで切断加工する鉄板切断の方法だということを今回始めて知りました。その扱う鋼板は鉄骨などに使うような分厚いものから屋根に使うような薄いトタンのようなものまでいろいろあり、その中で主に3mm以上の鋼板を切断加工する工場の団体である「全国シヤリング組合」というところが規格の鋼板の長さ厚さおよびそれに対する重量を計算するためにコンサイスに特注した重量計算器が今回入手した鋼板重量計算器になります。これと似たものは相当以前に入手した同じくコンサイスのロール鋼板重量計算器がありました。この「全国シヤリング組合」というのは厚板鋼板を切断することを生業とする業者151社が集まって昭和37年3月に結成した任意団体で、オイルショック後の不況期の昭和51年8月に全過半の311社を集めた「全国厚板シヤリング工業組合」という中小企業団体の組織に関する法律に基づく法人に改組されています。そのため、この「全国シヤリング組合」の名前で特注されたこの鋼板重量計算器は昭和37年から昭和51年までの間に作られて加入会員に有償頒布でもしたものなのでしょう。
 Photo_20210410100002 ビニール未開封の未使用品でしたが、説明書は自前で作られたなんと謄写版印刷のわら半紙を畳んだもの(笑)和文タイプ打ちしたタイプ用謄写版原紙を使用したがり版印刷らしく、そうなると昭和45年以前の代物。これが昭和45年を過ぎると原稿をドラムに巻きつけ、一線一線スキャンして原紙を作る謄写ファクスを使用する謄写版印刷が主流になります。この謄写版というのは堀井謄写堂とか萬古という会社がシェアを握っており、当方が小学生のころは学級新聞など小学生自身でガリ版の原紙をヤスリに当てて鉄筆で切るという作業もあったのですが、当方字下手のため、一度も鉄筆を握らせてもらえなかったのでガリ版切りは未経験です(笑)以前、計算尺や製図器をまとめで落札した中に萬古の未使用鉄筆セットが入っていましたので、鉄筆だけは手元にありますが。
 内容的には鋼板の厚さと幅を合わせ、次に長さを読むと一枚あたりの重量が出てくるので、カーソルを一枚あたりの重量に合わせ更に任意の枚数をそのカーソル線に合わせるとその総重量が矢印上に出るという至極簡単な仕組みです。

Photo_20210410100201



| | | Comments (0)

April 01, 2021

HEMMI No.254WN 10インチ両面高校生用計算尺

 HEMMIの高校生用計算尺No.254WNはN(ニュー)が示すとおりNo.254Wをフルログログ化させたモデルチェンジ版です。内容的にはほぼNo.259Dに等しく、高校生専用No.259Dとでもいう存在です。ただ発売が新しいだけあり、No.260同様に尺の右側に計算式を刻んでいるのはRICOHのNo.1053を意識してのことでしょうか。どうもこのNo.254WからNo.254WNへのモデルチェンジは代理店の内田洋行からの要求が大きかったことが伺われ、というのもNo.254Wをリリースした直後にRICOHからはNo.1053が発売されて、高校とのつながりの強さから内田洋行扱いのNo.254WはNo.1053に対して販売数では比べられないほどのシェアを得たものの、フルログログ化したモデルチェンジ版をずっと目論んできたのでしょう。実はうちの計算尺資料ではこのNo.254WNが長らく欠品していました。というのも内容的にはNo.259Dに等しく、No.259やNo.259Dはなぜかたくさん所持していて、いくらカテゴリーが違うとはいえ出品数がさほど少なくないNo.254WNには食指が動きにくかったのと、その気になればいつでも入手できそうだという希少感のなさも影響しているかもしれません。同じようなパターンが5インチ両面尺のNo.149Aにも言えたのですが、こちらは3年前に年代別未開封品をまとめて3個頂いてクリアになりました。とはいえ同じNo.254WNでもKENTとのダブルネームものと別製No.254WN-Sは別格で、チャンスを逃すと次回いつ出てくるかということも予想できません。今回は運良くこのKENTダブルネームのNo.254WNを入手しました。デートコードは「WA」ですから昭和47年1月に仕込まれたベースボディのもので、残念ながらケースは滅却したので以前処分してしまったのと事ですが、年代的には青蓋のポリエチレンケース入りのNo.254WNだったのでしょうか。これ、高校入学時に買わされたものだったそうですが、すぐに関数電卓を使用するようになり、あまり使わなかったとのことです。そうすると昭和47年4月入学ではなく2年ほどあとに高校入学されたかたかもしれませんが、そこまで込み入ったことはお聞きしていません。
 見かけも内容もRICOHのNo.1053によく似ていていますが、RICOHのNo.1053のほうが5年位早くリリースされています。No.1053同様に右側に逆数の計算式が刻まれているのが特徴で、世代の新しい両面計算尺らしくなっています。
 尺度は表面LL/1,LL/2,LL/3,DF,[CF,CIF,CI,C,]D,LL3,LL2,LL1の12尺、裏面がLL/0,K,A,[B,TI2,TI1,SI,C,]D,DI,L,LL0と12尺の内容は裏面のレイアウトは若干異なるものの内容はNo.259Dに同じです。ただレイアウト的にはこちらのほうが新しいだけあって使い勝手はこちらのほうが上だと思います。それでKENTとHEMMIのダブルネームの件ですが、これは唯一No.2664S-SとこのNo.254WNにだけ存在し(実はNo.254WN-Sにもあるらしい)なぜこの2種類だけに存在するかの理由ですが、当方の見解ではどうも理振法がらみで対象商品として登録されたのがこのNo,254WNとNo.2664SーSだったことからそれを区別するためにKENTの名前も入れて自社商品として扱われたからだろういうものです。特にNo.2664S-SのKENTネームのものは裏側に「48116」と刻まれているナンバーは昭和48年度の理振法準拠品カタログナンバーの116番目の商品だという意味合いだと思うのですが、このNo.2454WNのKENTネームのものには余計な刻印を増やす隙間がなく、このようなナンバーは刻まれていません。
 ただ、学校備品としての特納というわけではなく、新入生が教科書を購入すると同時に個人持ちの計算尺として購入出来たようですが。ただそういう絡み以外に普通に文房具店でKENTネーム入りの計算尺が購入出来たわけではなさそうです。このNO.254WNはNo.254Wに代わり特に工業高校用のスタンダードな両面計算尺として昭和50年以降も寿命を長らえますが、昭和53年ごろに工業高校も関数電卓にシフトしたのちも主に計算尺原理主義の保守的な先生により特納品扱いで納品されていたようです。その終焉は昭和56年ごろという話を聞いてますし、確かに昭和54年の新学期に地元工業高校の教科書を扱っていた薬局にアルバイトで駆り出された同期が関数電卓と計算尺の両方扱っていたという話も聞いてます。当時すでに機械科とか電気科の担当教師の裁量で計算尺にするか関数電卓にするかの2択だったのでしょうか。その最末期のNo.254WNはついにグリーンCIF化したという話ですが、現物はまだ目にしたことがありません。
 鹿児島からはるばるやって来たNo.254WN(デートコードWA)はおまけにサンスケ(三角スケール)が一本付いていたのですが。、その縮尺が1/100とか1/200とかおおよそ機械の設計で使う縮尺ではなかったので、おそらくは工業高校土木科あたりで使用されたものでしょう。

Hemmi254wn
Hemmi254wn_20210401094301

| | | Comments (0)

« March 2021 | Main | May 2021 »